« 週刊少年ジャンプ・36号 | Main | 彩雲国物語・花は紫宮に咲く »

テニスの王子様・「アメリカチームの野望」

多分約9ヶ月ぶりくらいに見てみたら、なんだかすごいオリジナル展開でついてくのに苦労した。
選抜をやってるとかやってないってのは知っていたが、ジュニア選抜でも出てくんのは今までに出たキャラばっかりで、つまり関東(つーか群馬とか茨城とか栃木の中学って出てないよな。南関東か?)選抜なんだな。
青学はどこにあるか知らんが、六角は千葉だし立海は神奈川なんだから。
イヤ、もしかして青学が北関東にあるのかもだけどな。


ところで1対5の特訓、あれって本当にあんなふうにできるものなのかと疑問。
だって二人しかいないダブルスだって、意思の疎通が取れてないとボールを返すにもお見合いしちゃったりするのに5人だしな。
後衛は範囲外だとして、前衛3人ってなおさらキツクなーい?と私などは思うのだが。
もしかして乾と大石とタカさん(でいいんだっけ、前衛は)はばっちり統率できてるのかもしれないけどさ。
でも考えてみると、だったら後衛の二人は何のためにいるんだろうか。だってボールは後ろに打ったらアウト判定されちゃうんだし。
それとも以前に既にその辺解説されてんの?


アメリカチームの記者会見、なんですかあの馬鹿みたいな派手演出は。
井上さんも突っ込んでたけど、特にあの野獣の人はプロレスに転向可能な感じだ。
ついでに恥ずかしい二つ名、自称だったらもう笑うしかないけど、立海みたく他称なんだよねそうだよね。
ケビィン(元ネタ分かる人いるんだろうか)は最初のロングショットで白のハーフパンツはいてたのに、いつの間にかみんなと同じ黒ジャージになっててオイオイと思った。
アチャースタッフヤッチャッターみたいな痛さが。


そんで持ってエンディング、オープニングが青学ばっかりだと思ったら今度は他校ばっかりですか。
でも最初の跡部様にアチャーな気分になったんですが。

それから来週はいきなり試合でしかもダブルスのオーダーが真田と跡部様。
誰が組んだかは知らんがチャレンジャーな。
協調性のきの字もなさそうな感じがするけど、どっちかというと真田が細かい調整するしかあるまいとか何とか(予告で)。
あーまたグランドスマッシュでコートが爆発しないか楽しみだ。
つーかしろ。

|

« 週刊少年ジャンプ・36号 | Main | 彩雲国物語・花は紫宮に咲く »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45373/1120520

Listed below are links to weblogs that reference テニスの王子様・「アメリカチームの野望」:

« 週刊少年ジャンプ・36号 | Main | 彩雲国物語・花は紫宮に咲く »