« ガンダムseedデスティニーphase6 | Main | 週刊少年ジャンプ1号 »

ガンダムseedデスティニーphase8?ジャンクション

先週地球に降下したミネルバ、今週はオーブに到着。
そんでもってタリア艦長とマリュー・ラミアスもといマリアなんとかって偽名なマリューさんと交流ですか。
さりげにあのアークエンジェルの整備の人もいたしな。
それとバルトフェルドもいたし。
やっぱりあのへんはカガリが首長ってことで素性も誤魔化しやすいオーブにいついてるんですか。
エンディングにちょろちょろ出てたキラとラクスもよーやっと出てきたと思えばアスランとかカガリもどうしてたか知ってたみたいだし。


いきなりカガリにわかりやすく絡んできたあのオーブの人とかその親父とか。
あーやっぱりカガリは若造ってことで軽視されてるんだなーと納得できてうれしゅうございます。
カガリの意思が絶対とか言ったらオーブの未来は暗いだろ、さすがに。
でも話的にはカガリのほうが正しい的な描写なんだろうな、きっと。
それはともかくやっぱり今回の見所はアスカガキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!! ってことですか。
指輪あげちゃったよキスしちゃったよプロポーズだよ!
それなりにそれっぽい描写はあったものの、何故か唐突で妙な印象がしてしまう不思議。


そういえばマリューさんとバルトフェルドが出てきて思ったんですが、ディアッカとミリアリアは結局終戦してから離れ離れですか。
まあ脇役話を変にクローズアップされても困るんですが、かといってスルーされるとなおさらディアッカがガン種で裏切った動機が寒くなるしな。

|

« ガンダムseedデスティニーphase6 | Main | 週刊少年ジャンプ1号 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ガンダムseedデスティニーphase6 | Main | 週刊少年ジャンプ1号 »