« 機動戦士ガンダムseed destiny phase29 | Main | 週刊少年ジャンプ23号 »

ツバサ・クロニクル 魔術師のバトル

モコナのメキョり具合からして誰かのクダンに羽が取り込まれているんじゃないかと推測して、早速阪神国内を捜索。
でもクダンは空汰曰く、護る時に一番力を発揮するとかで普段からそんなピンチ気味なわけもないんで結局手がかりなし。
つか、それなりに強いクダンじゃないとダメってのは確かなんだからもう手当たり次第行っとけと思うのはダメですか。
いや、そこらの道行く人を襲えとかって言うんじゃなくて、正義くんがショウゴさんは特級のクダン持ちだって言ってたんだから襲っちまえって。
むしろ向こうもやりたがってたんだしその方が早いじゃないかと思うのだが、でも確証もなしに小狼がそれ思いつくはずないんだよね。
結局手がかりナシナシ状態はプリメーラがうっかり正義くんとモコナを攫って進展。
しかしサブタイが魔術師のバトルだというからには魔術を使うのかと思いきや、ファイは華麗な身のこなしだけでギブアップに持ち込んじゃってちと残念。
あ、そう言えばクダンって黒りんは剣、ファイは背中の紋様ってな感じで、次元の魔女の所に代償として置いてきたものになってるんだな。
小狼はそういった形あるものじゃないから変化なし。
で、ラストやっぱりモコナがメキョってやっと羽根のありかが判明。
来週は小狼とショウゴさんがバトルらしいけど、なぜか次回予告では正義くんにドッキドキー!だったのだが。
よーしここは意表を突いて実は正義くんのクダンに羽根がついていた説を主張してみる。
……そりゃないか。

|

« 機動戦士ガンダムseed destiny phase29 | Main | 週刊少年ジャンプ23号 »

ツバサ・クロニクル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 機動戦士ガンダムseed destiny phase29 | Main | 週刊少年ジャンプ23号 »