« May 2005 | Main | July 2005 »

週刊少年ジャンプ30号

D.Gray-manが表紙で巻頭。
連載一周年かーもうそんなになるんだな。

・D.Gray-man
咎落ちの話。
アクマに命乞いなんてしちゃうとその時点で咎落ちになるんでもないのか。
命乞いして教団本部に連絡とって情報を引き出し、それからってことになるもんな。
古いジャンプを捨てちゃったからもう確認出来んが、このスーマン咎落ちの話はいつごろから出てたっけ。


・ナルト
傀儡の中にサソリがいるという話なのだが、それって顔とか腕とか出てるのは本人ってこと?
つまり亀みたいになってるのか?
でもサクラが本体じゃないのはわかるとかって言ってんだしやっぱり完全収納?
それとカカシ先生はナルトを置いて戻らないでしょ、だって九尾が狙われてるのわかりきってるわけだしな。
って言うか最後のコマで派手に壊れてたしやっぱり完全収納だな。


・ワンピース
やたらと便利な技を使えるCP9の人を倒せるか、がネロ対フランキー戦なわけだが。
なるほどフランキーはサイボーグだからソルとかランキャクを防げるんだな。
まあフランキーインビジブルなんていう素敵作戦はともかくとして、フランキーケンタウロスに尾田氏の発想力に負けたというかなんと言うか。
それとサンジの活躍が……!って感じの引きだけど来週はまたルフィサイドになっちゃうのかね。


・BLEACH
結局後頭部はクインシー使用のままなのか?と思ってたら80ページでそのこと確認。
いいじゃん密かなおしゃれ、どうせわからないだろうし、って一護の身体に入ってる間に見つかる可能性も一応あるんだな。
さて変な転校生と怪しい代行証。
代行証は、1・浮竹にだまされた、2・車谷善之助とやらが無知だったのどっちでしょうな。
ルキアの罪状を知らんようだしエリートとは名ばかりみたいだけどさ。
って言うか最後に出てきた虚はあれだね、グランドフィッシャーだろうと適当予想かましてみるの巻。すんません無根拠で。


・アイシールド21
ヒゲそって頭タオルを外したムサシは別人だったよ。
さてタイトル見開き、真・泥門デビルバッツの面々にきちんとあのブタが入っているのに軽く感動。おまいも仲間なのか。
それとドブロク先生は一体なんの役に立ってるんだろうか。作戦立案は蛭魔じゃないか?でも描いてないだけでコムスビと間違えてブタ連れ帰ってきただけじゃないよね。


・切法師
絵もそれなりだしキャラも主人公にいやみを感じなくて良いんだが、どうにもコマ割が気になる。
ページをまたぐのが多いから少し追い辛いんだよな。
最後の2ページとか。
新連載三つの中ならこれがキャラ的に一番好きなので頑張って頂きたい、のだが。


・デスノート
ノートのことを最初からの保有者として一番よく知っている月が有利かと思いきや、そのアドバンテージを生かしきる前にシドウがメロと接触成功しちゃいましたーと。
シドウが出てきたときリュークが月に死神来たんやでーとか明かしたらどうなってただろうな。


・魔法律
なんだか魔法律協会だっけ?の仕組みがよくわからなくなってきた。
執行人はその資格を得たら適当に事務所を開いて仕事してくのか?
ついでに、エンチューはどう絡んでくるのかね。
ビコの魔具が効かなくなったのと関係あるのかな?


・テニスの王子様
結局沖縄の、殺し屋と異名をとっていた彼はカマセだったのか。
それはさておき、久々登場の榊太郎(43)、ネッカチーフを外したと思ったら派手な柄シャツか。
実際こんな人いたらくどそう。
……じゃなくて、桃城は結局なんですか天候とかを読む力を身につけたとでも言いたいんだろうか。


・銀魂
表紙はなんかで見たことがある気がして仕方のない構図なんだが何だっただろうか。
それとも思いだせんくらいありふれてるってことか?


・ネウロ
まさか最初はこんなキャラだと思わず、最近弥子が好きになってきた。
つか叶絵はうどんだったか蕎麦だったか吹きかけられても、バカみたいに有名になっちゃっても友達でいてくれるいい人だな。
それにしても赤い箱、赤は当然血の赤だろうが、想像してみただけで気持ち悪くなるエグさだな。


・タカヤ
渚はテンプレなほどのツンデレだけども、それ以上にタカヤの等身が常に低いことが気になって仕方ない。


・カイン
えーと、シュコウ将軍とやらは女じゃなくて男?
無邪気に残酷もある意味テンプレだよな。
あと、全軍に5名って少なくなーい?っていうかこの場合の全軍は当方方面軍だけとか言うのか?


・ハンター
戦いで一番大切なのは常に冷静さを保つこと、だからモラウが勝つんじゃないかな。
能力の見極めにしたってなんにしたって焦ったらだめだしな。
それとこのグンギの人、本当に世間でボチボチ言われているように孕む相手なんですかね。


・こち亀
中川は東名をオープンカーなどで走っているが、すごい風で髪なんてバッサバサになるだろうに。
つーか両さんは以前大阪勤務になってたとき、えらい苦労して東京戻ってきたのにもうそのことを忘れてるんだな。


・いちご100%
うわーーーついに唯までが。
さすがに間中がかわいそうに思えた。
唯の好きな淳平じゃないって、こないだの西野に引き続いて自分のことしか考えん自己中ぶりがむかついてくる。


・ジャガーさん
ハマーのフナムシという呼び名そのまま本領発揮。
ほんとうすたは書くの上手いよやるせなさとかな。

| | Comments (0)

ツバサ・クロニクル 暖かなエガオ

さて新しい世界に来たけども、湖ばっかりでひと気も民家も何もなく。
それでもモコナが湖の中から力を感じるって言うんで小狼がいっちょ潜ってる間にサクラが回想。
先週思い出したばかりのあの切ない誕生日のとき、誰も座ってない椅子に向かって話しかけていても、そこに誰かいたのかも……とは思わないか。
そうだよな、サクラにすればそんな風には考えないよなー、都合よすぎだし。
そうしてほけーっと火の番をしつつ考え込んでたら謎のお魚がやってきましたよと。
何でここにいる、って言われても特にサクラには困る質問だろうよ。
そんなお魚のせいかまたサクラの回想。
今度は小狼と初めて会ったときとかいろいろ。
ところで関係ないが、藤隆父さんが小狼の父になっちゃったから、桃矢とサクラの父はクロウ・リードになってたな。
それはさておき、捨てられていたという小狼の心はまだ部分的に冷え切っちゃっているから暖かな笑顔で暖めてあげてね、ってクロウが言ったときのサクラはかわいいなぁ。
そうして仲良くなっていって誕生日の日の話になるのだが、誕生日を覚えてない小狼に自分と一緒の4月1日にしよう、これまでのことおぼえてなくても私が覚えていてあげる、といったのがこれまたすごい皮肉だ。
すっかりさっぱり忘れて失っちゃってるんだから。
それでもその辺を湿っぽく描写しないでいくのがいいんですよ。
やっぱり人間前向きにいかなくちゃ。
そんなこんなで羽根は見つからなかったけど、せっかく出会えたんだから楽しくいこうねということで次週に引きー。
来週はジェイド国に行くそうで、単なるおまけにドッキドキー!でよかったかな。

| | Comments (0)

機動戦士ガンダムseed destiny phase36 アスラン脱走

先週から引き続いてデスティニーとレジェンドの前で議長のありがたーい演説。
しかし議長、実に危険なこと言ってますよな。
アークエンジェル、つかフリーダムか。
キラがすごい素質を持ったパイロットで、そんな奴が野放しになってるのは危険だから討ちましたって。
そりゃまあ戦局をむやみに混乱させはしてたけどさ。
でも議長の考えで行くと、議長の考えにそぐわない人はサクサク粛清されちゃうんだよな。
それが普通の一般市民ならモーマンタイで済ませられても、特に力のある人は。
さすがに議長がいきなり過激なことやり始めたからついアスランよりに考えちゃうが、これってどうなんだろう。
本来の意味で確信犯、になるよな。
力のある人、議長いわく戦士が議長の思惑通り考え通りにしてたらそれでよし、って、コーディネーターとして高い素質があっても平和に地味に暮らして生きたい場合はそれはダメなのか。
議長ラスボスフラグがすごい勢いで……、なあ。

しかし先週の次回予告から考えた話よりさらに超展開で結構びっくりだ。
まさか議長がレイを手足のように自在に使っているとは。
シンがどうなるかは知らんがレイはもう敵フラグが立っちゃったし最終回一回手前当たりで派手に殉職しそうな気がぷんぷんするよ。
レイといえばせっかくロドニアだったかのラボの話を振ってもらったんだからいい加減その謎にクルーゼ隊長に似てる所と議長シンパの理由を明かしちゃくれまいか。
ギルを裏切るなど許さない、ってすごい勢いでの傾倒だもんな。
1月あたりで放送した回にも、懐くの度を過ぎた議長とレイな描写もあったし。

まあそんな二人のことは置いといて。
ミーアはやっぱりラクス成り代わり願望があったのか。
先週、シャトル内で議長がシャトル強奪について触れたときのハッとしたのは本物ラクスが出てきたらこの地位も追われちゃいますがなという恐れとかだったんだね。
しかしミーアはもともと売れてない歌手だったみたいだが、そもそもラクスはなぜあんなに人気なのかがわからん。
そんで持ってミーアはラクスとはちょっと違った路線(お色気ノリノリ系?)なのにザフトの皆さんが熱狂してたし、つまりラクスって言う個人にもうブランド価値があるんだろうな、歌などどうでもいいのかな。
それにしてもアスランは紳士というかなんと言うか逃亡を図るってときでも一応ミーアにも手を差し伸べたりして。
まあ、メイリンはあそこにおいていかれたらすごい勢いで死亡確率がアップしただろうが。
そんなこんなでグフだっけ?モビルスーツを奪って逃げてみたけれど、追いかけてくるのはデスティニーとレジェンド。
レジェンドのドラグーンシステムってのはこういうときのためにあったんだーってくらいに速攻でパイロットチェンジでしたな。
さてシンは来週どうするんだろう。
かなり議長の演説で心酔してるみたいだったけど。

| | Comments (0)

ツバサ・クロニクル 選ばれたアシタ

なにやら捕まっていたサクラとチュニャンは偽者でしたよ。
助けて小狼!でおおー?なんですか関係一歩前進?呼び名ランクアップ?と単純に思ってしまったのだが、小狼はとっても冷静だった。
そんな呼び方するわけない、とあれがパチもんだと即座に見破るんだもんな、あんたスゲエよ。
しかもそれ的中してたし。
それでも街のみんなから棒でつつかれボコられてたけど、それもチュニャンの秘術のおかげで解決。
息子が目を覚ましたよ的描写もあったけど、これはあれかキィシムにボコにされる親父様のことを暗示してたのね。
最後まで卑劣キャラにふさわしく卑劣発言を繰り返していた親父様は、チュニャンの殴るにも値しないというカッコイイ発言を受けてキィシムの国に拉致。
キィシムさんには息子さんもいたようですと判明。
で、羽がまた一個返ってきたわけだけど、うわー切ないな!
きっちり小狼の記憶が抜け落ちてる誕生日の思い出、どうよこれ。
サクラにとって小狼はかなりウェイトの大きな人だったんだろうから、これからも記憶が戻ってこうした欠落を味わうんだろうな。
しかしあの座る人のいない椅子がまた切なげで、ちと泣けた。
それと密偵衆の三人はクランプ学園の3人だったよ。
残と蘇芳と玲さん。
まあ元キャラの面影をあんまり期待してはいかんとわかっているのだが、残さんはもっとはっちゃけた感じならよかったな。
先週の印籠にドッキドキーはこの三人のことだったけども、妙に期待して勝手にへこむモコナのお年頃にちと笑った。
そういやもう黒鉄が黒ぽんでも黒りんでも反応しなくなったんだな、慣れたのか。
それとやっとチュニャン=娘さんでチェニャン=母、なのかな?と違いがわかったのにもうおしまいなのか?
親父様と息子の名前がエンディングだけでいまだにブルガルだったかなんだったかわからなかったよ。

| | Comments (0)

機動戦士ガンダムseed destiny phase35 混沌の先に

先週撃沈されたかに見えたアークエンジェル及びフリーダムだったけど、いきなり無事だとわかってオイオイなんだよやっぱりかと全国の視聴者の呆れ声が聞こえそうなスタート。
つーかフリーダムはニュートロンジャマーキャンセラー搭載して、核動力なんだよね?
そんなもんが爆発して至近距離にいて無事だったシンと言うかインパルスはどれだけ頑丈なのかとか。
器用にコックピットだけ切り離したもんだなとか。
タンホイザーはやっぱり直撃じゃなかったから落とせなかったんだねとか。
第一エンジン爆破して偽装してみても騙しきれなかったねとか。
なんにしてもみんな無事かよという事。

帰還したシンとアスランがやっぱりいきなり一触即発どころか殴りあいになりかけたけど、これはどう見たってレイの言うとおりにアスランの覚悟が足らんだけだろ。
ザフトにいるならどんな理不尽でも命令には従わないと、軍として成り立ちませんがな。
タリア艦長もエンジェルダウン作戦に釈然としてなくても、なるべく戦わずに済むよう降伏勧告なんか出しちゃっても、きちんと私情は押し殺して止めは刺せんでもやることやったもんな。
つーかアスランはキラじゃなくてカガリの心配もしてやれ。
友達、つか百歩譲って親友だとしても、指輪プレゼントしてキスまでした婚約者(仮)の事をちらりとも考えんからアヤシイ疑惑を立てられるんだよ。
しかしガン種運命はアスランの評価を下げるばかりの展開だな。

さてプラント、いきなりカッカしてるイザークとディアッカ、ロゴスと戦うっつっても先週デュランダル議長が顔出したやつらを消せばいいだけの話でもないから、どうしろってと言ってるザフトの皆さんを通りすがりに怒鳴りつけてやるなよ。
それと議長がまたしても地球に降りてきてなにやらかすのかと思えば、シンとアスランに最新鋭の機体をプレゼント。
これがデスティニーとレジェンドか。
議長は演説中でこんな強大な軍備はなくても人は平和に生きてゆけるのです、とかって言ってたのに開発してたの?とか誰と戦うつもりなのかねとか、やっぱりロゴス、ひいてはブルコで連合を叩き潰すのか?
今回は連合っつーかロゴス直下のファントムペインの皆さんが相手だったから正規の連合があんまり出てきてなくて、連合の皆さんが今回の事態をどう思っているのかわからないしなー。
ザフトは、シンアスカとアスランがこれ以上ないってくらいに根っからザフトの人の場合とアークエンジェルよりのザフトな場合を体現してくれてるんだが。
ともあれ屋敷を襲撃されたらかなりヤバイよね、これはもうテロでしょう。
ロード・ジブリールの身柄を確保できてないって言ってたし。
それとシャトル強奪犯がどうこうっても言ってたけど、ラクス様は今週台詞すらナシでいろいろ建造してますーとかだけか。
そういやクサナギはどうしたんだろうな、エターナルはあそこで潜伏してたしやっぱりオーブに返還かな。

さーて来週はついにキター!
アスラン脱走!
いつかこうなるとは思ってたけど、しかし脱走してどこに行くんだ?
アークエンジェルは慎重に潜伏しつつオーブを目指してるんだし、とりあえずオーブか?

| | Comments (0)

ツバサ・クロニクル 別離のカガミ

先週だったか先々週だったかに思った神の愛娘認定した謎の人はやっぱりチュニャン母だったよと。
魂があの中に送られていたから保存されていたってのもストライク。
まあ、想像困難な展開じゃないし、つかむしろわかりやすいか。
母はチュニャンに秘術の心得を再伝授して鏡をプレゼントして成仏。
秘術でなにやら木に葉っぱを生やさせてたけど、秘術って一体なんなんだ?
親父様がドーピングしたのもそうならこうして葉っぱをにょこっとはやさせたりも出来るし。
人それぞれなのかもしれんがよくわからん。
つか親父様はもろくそ私利私欲で使ってるじゃねーかとツッコミたいが、あれは親父様自身の幸せのために使ってるから桶!なんだろうか。
よくワカラナイヨー。
一方ファイと黒りんはキィシムの額のでっかい石を砕いて親父様の秘術から解放してやって無事生還。
ドッキドキーのトンカチはここで黒りんの命というか脇腹というかを救ってくれたんですねー。
でも一方で親父様は今度は街の人々を操ったりしてるけど、あんなあからさまに怪しい石つけてたら砕いてみようぜ?
小狼はやっぱりジェントルメンなのでそんなことしないで華麗に避けるだけのようだけどさ。
来週は印籠にドッキドキーだっけ?
密偵衆だったかの3人がアレアレアレー?ってことはあれなんだろ、小狼と黒りんとファイそっくりとかいうじゃないのかな。
つーか実に適当に見てるから密偵衆のこと間違って読んでたよ、お恥ずかしい。

| | Comments (0)

機動戦士ガンダムseed destiny phase34 悪夢

先週の議長のロボス?ロゴス?殲滅宣言のおかげですっかりザフトは臨戦状態。
まあ今までのこともあるし、和平なんていったら白眼視されそうな勢いだ。
しかしいつ見てもミーア・キャンベルのあの衣装は恥ずかしいな。

さてそれに伴って謎の中立的行動を取るアークエンジェルはザフト公認のエネミー扱いに転落。
それでエンジェル……なんだっけ、とにかく天使を落とすとか何とかそんな感じの名前の計画が発動しておりましたよと。
議長の宣言といいそんな作戦といい聞いてナイヨーと言いたげなアスランだけども、もうザフトに出戻ったんだからそれに従えって言う気が。
つーかセイバーが落とされちゃって以来、アスランの存在がますます薄くなるばかり。
しかもとりあえず復讐に燃えるシンを止めようとして失敗するものだからそれにも拍車が掛かるよ。
ザフトの総攻撃を受けて、さすがのアークエンジェルも余裕ぶってはいられない模様。
しかしデュランダル議長の発言を受けてオーブが心配になったって、もっと早く心配して帰国しようとしたほうがいい立場だろうに、カガリは。
ついでにユウナはのうのうと無事に生きて帰ってたんですね。

さてついにミネルバとアークエンジェル、直接対決だけど。
タンホイザーじゃない方の攻撃をあれでかわしたノイマンすげー!
あのままひっくり返るんじゃないかとかとちょっと思ったけどそれはなかったようですが。
一方モビルスーツはシンとキラ。
キラが中立ぶってなるべく爆破させない、殺さないようにしてるというのを見抜いたレイのナイスアドバイスでシンが有利ですよ。
しかもインパルスの機体が合体なのをさらにうまく使ってフォースシルエットとかソードシルエットとかをメイリンにリクエストしまくり。
まあ、動機がステラの敵討ち、しかもある意味キラが殺したのも多少は止むを得なくて、デストロイに乗ったのはシンが甘っちょろい考えで逃がしたから、っていう因縁でもなんだかシンを応援したくなるね。
来週から増長するんじゃねーのかといういやな展開予想しかつかんが。
これでますますアスランとの溝も深くなるってなもんだ。
ともあれ潜行する前にタンホイザーが当たっちゃったアークエンジェルとコックピットをグサッとやられたフリーダム、撃沈ですか。
情報が何もなかったらキラ死亡?とかってちょっとでも思えたんだろうがスーフリとかいうネタな名前がネット上ではもう飛び交ってるしなぁ。
まあそんなアークエンジェルクルーの皆さんは生死不明で来週はラクス様が出てくる模様。

| | Comments (0)

ツバサ・クロニクル 妖しいオンナ

先週の終わりでてきたおそらくはサブタイの妖しいオンナことキィシム(でいいのかな)はすんごい秘術使いだそうで。
しかしあの泡ボコ攻撃はつまり酸性の液体だから気をつけな!ってことなんだろうか。
じわじわいたぶってないでさくっとやっちまえよとああいう攻撃法方を見るたびに思わんでもないが、まあ長らく閉じ込められていてお楽しみも必要なんだろう。
でも無理矢理閉じ込めたとか言う親父様に恨みはないのか?

いつ見てもサクラが眠そうな目をしているのが気になって仕方ないなとエンディングでにっこり笑う顔を見てつくづく思う。
それはともかくサクラとチェニャンが別行動してるけどなんですかやっぱり別口で城に乗り込むのか?
なにやらチェニャン母の霊が出てたけどさ。
それと小狼がキモ息子とタイマンしていたが秘術でドーピングとはまたクダンと違って何でもありな。
まあ密偵衆だっけ?の3人が出てきたし来週でこの国はあらかたおしまいかな。
キモ息子がボコられるといいけど小狼はジェントルメンだからそんなことしてくれないんだろうがな。
とりあえずトンカチにドッキドキー。

| | Comments (0)

機動戦士ガンダムseed destiny phase33

オープニングはステラの死体の水葬から。
つかどこぞの湖(池?)に沈めていたけど死体でもエクステンデッドのは利用価値があるんじゃないのかな、と思ったとおりシンはまたしても無断行動だった模様。
ザフトの皆さんも前回に続いての行動に、それからシンのあまりの凹みぶりに止められなかったようだけど。
まあ、あそこで静止でもされたら激しくブチギレでしょうな。

で、そんなシンアスカはやっぱりフリーダム憎しの心境に至った模様。
部屋でフリーダムの戦闘映像を見てシミュレーションをしていたけども、やっぱり現存のモビルスーツだとフリーダム最強ですか。
それってあれか?核エネルギーだから?
それにパイロットである所のキラがコーディネーターでもさらに特殊ってのもあるのか?
ともあれ最近めっきり影が薄くなってしまわれたアスランがそういうの止めろと言っても、根拠弱すぎでシンを止められるもんじゃアリマセンとも。
結局アスランがザフトでなにしたいのか、それがわからんからシンに言い負かされても仕方ないだろとしか思えん。負けたのも本当だし。ボッコボコ。
しかしアスランはジャスティスをどうしたんですかね。

その後、デュランダル議長が派手に演説していたけども、ミーアの服は無駄に露出が高くて恥ずかしいな。
……ってそこじゃなくて。
デストロイの都市破壊映像流されてロードジブリールがキョドってたけど、こういうのを想定してなかったとしたらあまりにバカな小物過ぎて萎えるんだが。
だってデストロイが連合所属で、それをザフトが止めたって形になっちゃってるし(フリーダムは消されてた模様だし)。
そもそもジブラルタルに直投下ならともかくなー、とにかく先週のジブリールの言い分がますますわからん。
まあなんつーか自然の成り行きだろ?
でも来週の次回予告だとミネルバ対アークエンジェルになってたんだが。
シンが種割れしてたしキラに土をつけてやっていただきたい。
まあなんにしても、この番組は誰に対しても感情移入しづらいな。

| | Comments (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »