« BLOOD+ episode2 魔法の言葉 | Main | BLOOD+ Episode3 始まりの場所 »

ツバサ・クロニクル 最後の願い

先週星史郎さんと熾烈な死闘を繰り広げていたあとモコナにワープさせられたんだが、そんな感じで新たな国にご到着。
やたら荒廃してますなぁと思ったがそれは羽とかそんなのには関係ないらしい。
さて黒鋼と星史郎さんの邪魔をしたモコナが吐いた何かって言うか竹の棒?に刺さってたお手紙、次元の魔女からのお便りだった模様。
ホワイトデーは倍返し。遅れたら三倍返しだっけ。
そういえばバレンタインネタ、桜都国でやってたね、忘れかけてた。
ところで黒鋼がいつの間にか元の服に戻ってて不思議だ。
小狼とファイとサクラはゲームオーバーで現実に戻ってきたからいいんだが、黒鋼はゲーム中にいたのを強制的に実体化して戻ってきたから服もそのままだったのに。
でも考えてみればそのうち羽の波動も星史郎さんがいなくなって消えるって言ってたから戻っただけの話なのかね。
それはさておき、この世界にもきちんと羽がございますが、そのために頑張ろうとした小狼がいきなり倒れてビックリ。
まあ桜都国でも星史郎がらみで頑張ってたし、そうでなくとも彼はいつでもやたら頑張ってるからな。
そうして夢と言うか昔のことを思い出していたのだが、クロウ国で古代の遺跡が実は庭園跡だったから花を植えたよ、でもこのことは誰にも黙っていてくれと言ったらサクラ姫が二人だけの秘密だねvなんて返したというまたまたハートフルな思い出だった。
いきなりなんだねと思ったが一応意味はあったんだな。
それはひとまずおいといて、この世界の羽は最初に着いた一人だけの願いを叶えてくれる神殿にあるらしいんで早速突入。
その話をしてくれた長老の孫もやられたという黒い兵が邪魔しくさったんだがこれは忘れもしないクロウ国で出てきた奴らだね。
小狼にサクラ姫の羽根を全て取り戻したいという願いをかなえさせないために足止めしようとしているのに結局たどり着かれているんですが。プギャー。
最後の最後にちょっと強い衛兵(機械だから殺生には当たらんので暴れ放題らしい)が出てきて、願いを叶えられるのがサクラ姫になったんだけども。
姫は、長老さんが孫を亡くしてしょんぼりしてるのに自分だけ幸せになれないといって、たぶんこの羽で願いを叶えようとして死んだ人を生き返らせることを望んだんでしょうな。
ともあれこの羽は無事ゲットできて、小狼が夢で見た過去を姫も思い出しましたよと。
もちろんサクラ姫一人ぼっちバージョンなわけなのだが。
それで羽根も取り戻したし次の世界に行きますかーで終。
結局あの小狼もどきは出てこないんですか。
飛王と星火はなんだったんですか。
某週刊誌ならば打ち切りというような感じなんだが。

|

« BLOOD+ episode2 魔法の言葉 | Main | BLOOD+ Episode3 始まりの場所 »

ツバサ・クロニクル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« BLOOD+ episode2 魔法の言葉 | Main | BLOOD+ Episode3 始まりの場所 »