« BLOOD+ Episode19 折れたココロ | Main | BLOOD+ Episode21 すっぱいブドウ »

BLOOD+ Episode20 シュヴァリエ

久しぶりに登場のヴァン・アルジャーノ、サンクフレシュファーマシーでアイスランドに行くとか何とかと言っているところへ黒づくめな変な二人が侵入してきて翼手をザクザクと華麗に倒して切り落とした腕を噛んでたりしつつ、侵入者排除ってことで銃連射されても当たって死亡などするはずもなくこれまた華麗に壁飛びしてガラスの天井を破って逃げてきましたよ。

さて今回のサブタイはシュヴァリエ、なのでどこぞへ行ったままなカールを除いた4人が終結するわけですよ。
ソロモンが最初に出た頃だったか、一つの血を5人で分け合うとかなんとか言っていたような気がするがやっとですか。
先週出てきたアンシェル兄さん、空母で出てきたジェームズさん、それでソロモンと姉さん改めネイサン。
ネイサンなんだね女じゃないんだねいままでスッキリスッカリ騙されていたさ。
まあ、なんだかちょっとオカマ入ったキャラではあるが。
それで彼らの話によるとハジはディーヴァの花婿で?小夜はこいつらシュヴァリエの花嫁らしい。
よくわかりませんねー。
でも最後にいつの間にかやってきたアンシェルさんは先週小夜と直で話して小夜は危険認定したもんだから、そんなこと言ってないで排除勧告ですが。
ジェームズはアンシェルに服従、ネイサンは反対する理由がないから賛成、でもソロモンはなにか思うところがありげながらも賛成。
さっきから何か様子が変だと思いきや、ソロモンはベトナムで小夜とダンスした時のことなんて思い出していたのですよ。
迷っていたようだけども、そんなところへ襲撃してきたシフとかいう組織の二人組みをボッコボコに殺ったらしい。
片腕を落とされても平気どころかむしろくっつけちゃえますというのはさすがシュヴァリエなんだろうな。
ともされ小夜に会いに行く気持ちが固まったようですが。

一方、ウソツキなんて某ガセビアみたいな置手紙されたデヴィッドたち、小夜を探すために赤い盾の本部にやってまいりました。
本部はでかい船でしたよ。
で、散々名前だけは出てきたジョエルの日記、ジョエルというのは赤い盾のトップらしい。ナンバー2のコリンズの顔つきから滲み出ている性格のいやらしさはどうにかならんものか。
で、リーザさんは実はシュヴァリエでした!というのが明かされたんで、翼手化してないか確かめるために血液検査とかしつつ隔離なわけです。
その間、ちょうどデヴィッドと二人になったカイは今度こそ全てを教えろと迫り、ジョエルの日記を見てしまえばもう日常には戻れないと駄目押しした上でついにカイには真実公開。
しかしこの展開で、リクが何でディーヴァの歌とか聞こえたのかとかわかったりするのかね。

最後に二人旅になった小夜とハジ、どうして教えてくれなかったのかとハジに言っても返って来るのは「自分で思い出さないとダメ」というものなので小夜も諦め気味ですよ。
翼手は自分と同じものだから襲ってこないよと自嘲気味に言っているものの、今まで普通に襲ってこられたしそれはないよな。
ともあれ動物園に向かっているらしいのだが、ブタ運びの車に同乗させてもらってるって、動物園はどれだけ遠いんだ。

|

« BLOOD+ Episode19 折れたココロ | Main | BLOOD+ Episode21 すっぱいブドウ »

BLOOD+」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« BLOOD+ Episode19 折れたココロ | Main | BLOOD+ Episode21 すっぱいブドウ »