« BLOOD+ Episode23 ふたりのシュヴァリエ | Main | BLOOD+ Episode25 赤い盾 »

BLOOD+ Episode24 軽やかなる歌声

リクがディーヴァの歌声につられてふらふらと引き寄せられておいしく頂かれてから小夜がご到着。
同じ顔であるディーヴァもすぐに小夜だとわかったようで、やっと過去の記憶が全部明らかになりましたとさ。
とは言え、何故ディーヴァが閉じ込められていたのかはまだ謎だが。
ずっと閉じ込められていたディーヴァと扉越しに話して仲良くなったらしい小夜が、その歌声をジョエルの誕生日にプレゼントしようということで先々週の動物園の回でやったハジと一緒に山百合摘みの前に扉の鍵を外したらしい。
そうして解き放たれたディーヴァが大暴れして閉じ込めていたジョエルを殺ったんですねー。
本人もジョエルを大嫌いと朗らかに言いのけていたし。
そして小夜も、やらなければいけないってことでディーヴァを殺すスタンバイとしてそこらに転がっていたでかい釘って言うか杭で血を滴らせて襲い掛かるもののあっさり吹っ飛ばされてしまった。
ディーヴァがラスボスとして強すぎなのか小夜がへたれすぎなのかはさておき、デヴィッドとかルイスがまずそうでリクとかカイがおいしそうってことはつまり若い方が美味ってことですか。

ところで先週、小夜を放って置いてタイマンやらかしていたハジとソロモン、こっちも主人の方と同様にハジがソロモンの岩盤下敷き作戦に引っかかっておりました。
小夜の悲鳴に、ハジを片付けたソロモンまでもがやってきて小夜絶体絶命なわけですよ。
一応最後まで小夜を翻意させようと説得してはいたものの、結局ディーヴァのシュヴァリエだから逆らえませんしな。
血が足らなくて倒れた小夜を、小夜姉さまだぁーいすきと言いつつ殺してあげるって決めたのなんて言って、ディーヴァが殺そうとするわけだが小夜とディーヴァは互いに相手にとって毒なのね。
刺されそうってなところでやっぱりハジキター!
つかここで来ないといくらなんでもシュヴァリエとして駄目だしな。
ディーヴァ的には無神経だっけ?そんな事を言っていたが嫌いではないらしい。
そうして邪魔が入ったからかいきなり帰ると言い出して直接対決は小夜の完敗。ここで勝ったら話が終わるとかそういうこと言ってはいかんのです。

ディーヴァに吸血されたリクの体温が下がって死にそうなのを見て、ハジの時と同じく自分の血を飲ませれば助かるかもと言う小夜の言葉にカイが食いつくわけなのだが、そうされたリクがどう思うんだろうなとおもった。
まあ死なせるよりはいいと思っちゃうものだろうが、カイにもリクにもまだまだ辛い展開ですな。
ところでハジの左手は小夜の血を飲んだせいかとおもっていたんだが違うんだろうか。
とにかく小夜の血の効果で生命活動が低レベルに落ち着いたリクを連れて赤い盾の本部に行くらしい。
次回予告に寄れば、ゴルド・シュミット(だったか?)の家督を継ぐものは自動的に赤い盾長官の座とジョエルの日記を継承するらしい。
でも今のジョエルは家督を継いだつもりはなくてただジョエルの血筋に残った僅かな良心だとかそんなもののせいらしい。
しかしなー、血を吸われたら翼手になっちゃうんじゃないんだろうか。

|

« BLOOD+ Episode23 ふたりのシュヴァリエ | Main | BLOOD+ Episode25 赤い盾 »

BLOOD+」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« BLOOD+ Episode23 ふたりのシュヴァリエ | Main | BLOOD+ Episode25 赤い盾 »