« BLOOD+ Episode35 希望のない明日 | Main | BLOOD+ Episode36 すれちがう想い »

ツバサ・クロニクル 阿修羅のイワレ

さーて新しい世界に来たのだが、小狼とサクラ姫・ファイと黒鋼に分かれてはぐれてしまったらしい。
小狼は昔の事を夢に見ておりました。
藤隆父さんに拾われる前、雨の降る中をふらふらと歩いていた所。
それ以前の記憶がないと。
左目が見えないんだっけ?視力が悪いんだっけ?包帯巻いておりましたな。
目覚めていきなり女に囲まれていて小狼もビックリ。
女ばかりと言うかむしろ男子禁制なところだそうで、でも行き倒れている所を拾われたとか何とかで鈴蘭一座らしい事と鈴蘭さんの切符のよさと火煉さんの元キャラを生かしたと思しき不思議な服装が印象的でございました。
火煉さんはXキャラで、ランパブで働いている設定だったはずだから太夫ってことで打ち掛け羽織ってああなっているんだろう。


一方のファイと黒ぽんもはぐれた二人を探してはいても、ファイは遠くには行っていないと発言。
そう言えばモコナがいないと言葉が通じないという設定もあったなー忘れてた。
そんな感じでふらふらしていたら神社みたいな所に続く階段で変な奴らに襲われたものの、斬る価値もないほど弱い奴らで峰打ちで済ませたところ蒼石とやらが止めに入ってくれました。
何でもそこは人を守る神域だとか?で、人探しをしていると言ったところ泊まっていくといいと勧めてくれたりもして、もしやこの人は黒い人か?とジェイド国のような展開にならんかと邪推してしまうのですが。
カイル先生がこないだ再登場したくらいだしねー。
ここの世界は黒ぽんが元いた世界に近いので、お箸で食べる料理が出たりもするのです。
そんな中、ファイが祠かなんかから力を感じると言ったところ、蒼石さんはそれを快く見せてくれたりなんかしてますます腹黒疑惑が。
中にあったのは夜叉の像。ああ、聖伝ね。
けども、涙を流していたりして、それがちょうど街に戻ってきている鈴蘭一座の奉っている阿修羅像のせいじゃないかと蒼石さん談。
もちろんファイはその名前にささやかーに反応してしまったのだけど、それをさりげに見ていた黒ぽんに指摘されちゃったりもするのでございます。


鈴蘭一座でお世話になってる小狼とサクラ姫、一座がサーカスみたいなものといった小狼にサクラ姫がクロウ国にも来たと懐かしげに言うのに小狼も同じ思い出を思い出しておりました。
練習すれば軽業できるかなぁ?一生懸命練習するから!なんて、いかにも止められそうな事を考えるサクラ姫モエス。
それはさておき、こっちでも阿修羅の像を見せてもらったところで小狼の考古学フェチデター!
鈴蘭親分とサクラ姫がポカーンとしていたあたり、女にはわからんロマンですか。
阿修羅像と夜叉像のことを話してから、小狼の女装ネタありといろいろあって、夜中にはぐれ中のファイと黒りんを探しに行こうとしたところで誰か人影があったのでとりあえずそれ尾行してみた所、鈴蘭さんと蒼石さんが逢引しておりました。
ええー?禁じられた愛ってかー?
と驚いたところで異変発生。
サクラ姫が、二人の禁断の愛がかわいそうだからあの像にお願いしようとか言ってそこに行ってみたところ、モコナがメキョッとしたあたりからして羽根のパワーで空が割れちゃいましたー!
以下次週。

|

« BLOOD+ Episode35 希望のない明日 | Main | BLOOD+ Episode36 すれちがう想い »

ツバサ・クロニクル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« BLOOD+ Episode35 希望のない明日 | Main | BLOOD+ Episode36 すれちがう想い »