« BLOOD+ Episode37 狂おしいまでに | Main | BLOOD+ Episode38 決戦の島 »

ツバサ・クロニクル 二つのキオク

寝っぱなしだったサクラ姫がなにやら夢を見ておりました。
その中では阿修羅王と夜叉王がなにやらいいムード。
でもサクラ姫はそれを見て涙を流しておりました。

一方現実では今回も決着がつかず、戻ってきた小狼を見てサクラ姫がすごい怪我!とか言っていたが服が破れていただけだろうさ。
でも結構痛いらしいです。
でも心配させまいとして大丈夫とか言っちゃう小狼だから、サクラ姫は何も出来ないけど心配させてね、と。
今回も黒鋼みたいな人とファイみたいな人の正体がわからんかったので、小狼は街に行って情報収集。
でもやっぱりめぼしいことは聞けないわけなのだが、いきなり右目が痛んでがくっと膝をついたところに鏡に映った姿が見えて、どうしたんだ?!とかと呟いておりました。
二つのキオクってのは小狼のことなんだろうな。
飛王と星火がなにやら話していたが、今回のこの世界への移動は彼らの予定調和から外れたものらしい。
次元の魔女はクロウ・リードに認められたすごい人らしい。
あの小狼もどきをよそうより早く使うことになるかもしれない
飛王はクロウ・リードの血縁らしいとか何とか。
阿修羅王も次元の魔女とお話で、あの送っていた酒が次元の魔女への対価だったらしい。
阿修羅王が願ったのはサクラ姫たちをこの世界に送り込むこと。
だからあんな、唐突でちと強引なやり方だったらしい。
次元の魔女はそうして対価を得て願いを叶えることでしか世界に干渉できなくて大変だとかと言われていたが、阿修羅王の本当の望みをかなえるために対価は重すぎるらしい。
そんなことを話して、阿修羅王も心を決めてその日の決戦。
でもお供は小狼とクマラのみ。
阿修羅王は戦うでもなく夜叉王に近づいて、キスしざまにザクッと夜叉王の腹を刺したところ、羽根が出てきよった。
……つまり夜叉王が羽根そのものだったのか?
阿修羅王が「私のつけた傷」とか言ってたしなー、既に夜叉王は死んでてそれを生きてるように見せかけるのが願いとか?
ありがちな感じなので違うと思うが。

|

« BLOOD+ Episode37 狂おしいまでに | Main | BLOOD+ Episode38 決戦の島 »

ツバサ・クロニクル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« BLOOD+ Episode37 狂おしいまでに | Main | BLOOD+ Episode38 決戦の島 »