« BLOOD+ Episode44 光の中に | Main | BLOOD+ Episode46 あした天気になあれ »

BLOOD+ Episode45 手のひらを太陽に

先週ジェイムズとなにやら話をしたモーゼスがいきなりカイを襲いにやってきた。
カルマンを探しに来たかとカイが思ったところに鎌をじゃきっと取り出してさっくり殺そうとしましたよこの人。
皆がぎょっと驚く中で小夜がいち早く刀を抜いて間に割って入っておりました。
なんでだ?!と動揺するカイを一生懸命しとめようとするモーゼスと理由はわからんがそんなことさせられるはずもない小夜と、その間に入っておろおろなルルゥ。
窓の外に投げられて普通の人のカイは全身打撲くらいするんじゃないかとちょっと心配したがハジがきちんと受け止めてくれておりました。
ルイスの指示でちょうど朝になったところだし光の差している方へと逃げて行ったものの、ニューヨークはビルだらけなもんで朝が来てもなかなか影も多くて逃げづらい。
そんな街中を逃げていたカイがついにフェンスで逃げ場をなくしたところに追いつめられたものの、偶然鏡面なビルで光が反射されてモーゼス撃退に成功して何とか無事に逃亡成功。
その後セントラルパークまで逃げ延びた所でルイスから着信。
何とか無事で日光浴を楽しんでいて小夜とハジに連絡して向かわせるからじっとしてろとか、ルルゥがものすごく言いづらそうに小夜にモーゼスを殺さないでなんてお願いしたりして今週もルルゥはカワイイ。
昼間のセントラルパークは影もないから安心だねと思ったところへ特攻覚悟のモーゼスが襲い掛かってきてカイの逃亡第二ラウンドスタート。
もう光の中だろうとやけっぱち戦法のモーゼスはすごかったけども、カイにフードを撃ち落とされてまたしてもカイの勝利。
つーか、カイがいつしかそんなことが出来ちゃうほどの射撃の腕になっていたかと思うと成長がしみじみ感じられますな。
シフは光の中に姿を晒すと緑色の炎で燃えちゃうのだが、モーゼスが炎に悶絶しかけたところへカイが光を遮られるようシャツを掛けてあげておりました。なにこのジェントルマン。
モーゼスが情けは無用だとか言いつつ、カルマンのことを死なせたくないんだと独り言チックに言ってからカールの手でおなじみのあの変な結晶を飛ばす技でカイを殺ろうとした所へカルマンぎりぎり登場。

ソーンが出ちゃって大人しくしていたカルマンは、いきなりやってきたジェイムズにモーゼスがありもしない希望に縋ろうとしているんだってなことを嫌味たっぷり嫌悪もたっぷりに伝えていたが、ここのジェイムズの顔はスゴかった。
モーゼスにカイを殺させようとしているのは当然ジェイムズなのだが、その理由がディーヴァの言葉。
シフの体をツギハギすることで延命したジェイムズを見てこんなの要らない発言した挙句にカイをシュヴァリエにすればよかったとか言ってたし。まあ、それはおなかの子供がいれば他は要らない発言にも繋がっているんだが。
でもってそれが聞こえていたジェイムズの嫉妬その他いろいろでカイは受難な目に遭っているわけだ。
コープスコーズが最長7日しか生きられないのはフーンと思ったが、やっぱりソーンが一度出ちゃうともう助からないとかってことなのかな。
それはともかく、カルマンがやってきて薄々わかっていたけどもやっぱりディーヴァの血があっても助からないものは助からないってことでモーゼスとカルマンはルルゥにそれぞれの武器を残して姿を消してしまわれた。
モーゼスとカルマンはどこかの橋のそばで夕暮れを見ながら、カイが自分たちのことを語りついでくれるだとかルルゥは沖縄まで本当に行けちゃいそうな感じがするとか語ってからやり残したこと、つまり光の中に立ち上がってお亡くなりになってしまわれた。
たすからなさげだとは思っていたがやっぱり泣ける。
最後にルルゥに遺品の二つを渡しつつ、カイがもう誰も泣かせねぇと言った所で終了。
それと次回予告を見るに小夜にふられてしまったソロモンが出てくるらしいが、残り話数も少ないしガスガスと淘汰されていきそうで怖いな。

|

« BLOOD+ Episode44 光の中に | Main | BLOOD+ Episode46 あした天気になあれ »

BLOOD+」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« BLOOD+ Episode44 光の中に | Main | BLOOD+ Episode46 あした天気になあれ »