« BLOOD+ Episode45 手のひらを太陽に | Main | ツバサ・クロニクル 望郷のカナタ »

BLOOD+ Episode46 あした天気になあれ

冒頭、動物園での事件からどこぞへと列車で移動している昔のハジと小夜。
その車中で、ロンドンにいたときだっけ?小夜が思い出したとか言っていた約束を交わした模様。
でもお約束として小夜が約束を口にする時に汽笛が鳴って視聴者にはわからないわけだが。


さて今回わかったこと。
・アンシェル兄さんとヴァンが何してたかって言うとつまりやっぱり壮大な自作自演。
翼手を自分たちで生み出して、翼手を殲滅できる生体兵器のコープスコーズ生産して米軍に売り込んでみましたということらしい。
ってかホワイトハウスだろうが、あの女官僚は某・米国防長官じゃあるまいか。
そんなサンクフレシュの自作自演CMを見ていた赤い盾メンバー、ジュリア先生の講義で、サンクフレシュの商品に仕込まれたD塩基を摂取しちゃった人が人口の3%くらいいてその中の1万分の1の人が翼手化するらしい。
岡村記者がさらりと暗算していたがおよそ2万人だとか。
さらに翼手化の確率を上げるのがディーヴァの歌で、ディーヴァを見ながらライブで歌を聞くともう確率が100%になるんだとか。


・小夜にふられたソロモンが一人たそがれているところへネイサンがやってきました。
「ディーヴァの子供たちが見たくない?」とか何とか、ああでかくなった腹を見せるのかと思わせたところへ既に出産済みでしたー!
アンシェルがお腹を切ってって、帝王切開かよ!
やっぱり翼手の生態はスゴイなということなのだが、ともあれこうして次代の子供が生まれたんだし争う理由もないよねというネイサンの言葉に、ソロモンはそれでも小夜に心を捧げたのだと言ってディーヴァを殺るために頑張った模様。
小夜にふられてションボリへこんでいるのもかわいそうだが、かといってあっさりやっぱりディーヴァの元に返ってもなんだそれ!という感じなので、ボコボコにやられていても、ソロモンはいい男だ。
でもまあ、もしもソロモンがディーヴァのシュヴァリエに復職希望でも、ジェイムズをあっさり捨てた時の台詞どおりに子供がいるからもう要らないなんて言われそうだが。
アンシェルが戻ってくる前に始末しておいて、とディーヴァに言われたネイサンがどう始末しちゃうかだよな。


・真央様のたくらみで小夜と二人で買物に行くことになったカイ。
まだコクってないのかと言われたからでもなかろうがちゃっかりコクっておりました。
その前に小夜と一緒にジャグリングの大道芸を見たりホットドッグを食べたり真央様の指令と思しき下着の買物に同行したりしていたが。
アパートで赤い盾メンバーが、翼手化を防ぐには歌わせないためにもディーヴァを倒すしかないなんて言って重苦しい雰囲気になっているさなか、夕日の見えるケーブルカーに乗りつつカイが新しいオボロ(でいいんだっけ)を一緒にやりたいとかと小夜に言っておりました。
小夜はそれを聞いて涙を流していたんだけども、ここで冒頭のハジと交わした約束のシーンが回想スタート。
まあ薄々わかっていたこととはいえ、約束の内容は、全てが終わったらハジの手で自分を殺して欲しいというもの。
そんな約束があれども、カイの言葉が嬉しかったと小夜は言うのでありました。

ところで、真央様のたくらみで小夜と引き離されたハジが困っていたのが今日の見所。
「えっそんな、ちょっと困ります」みたいな顔してましたがな。
あとはルルゥが先週の衝撃展開を引っ張ることなくハジとなかよしだったこととか。

|

« BLOOD+ Episode45 手のひらを太陽に | Main | ツバサ・クロニクル 望郷のカナタ »

BLOOD+」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« BLOOD+ Episode45 手のひらを太陽に | Main | ツバサ・クロニクル 望郷のカナタ »