« BLOOD+ Episode46 あした天気になあれ | Main | BLOOD+ Episode47 全ての血を越えて »

ツバサ・クロニクル 望郷のカナタ

一週だったか二週だったかあいちゃったけど、確か図書館で有名な国で記憶の本とやらがサクラ姫の羽根っぽいから盗んじゃおうぜ?みたいなところで、でもなぜかクロウ国に来ちゃいましたよ?という引きだったかな。


さてやってきましたクロウ国。みたいなところ。
見た目はそれっぽいけど何か変。誰もいないしそれどころか何の生き物の気配もない。
街中をすたすた歩いて、なんか変だなぁ?という気分が強まった所でサクラ姫がとある一軒のお宅に入っていきました。
そこはもちろん小狼の住んでいた家なんだが、サクラ姫の説明は考古学者の住んでいた家ってことでやっぱり小狼の存在抹消。
むしろサクラ姫の記憶の中のみならず、家の中にあった写真の中までも小狼の存在がなかったことにされていてのでございました。
もしや、と何かに感づいたファイは小狼にサクラ姫と二人の思い出の場所はときいて、一話目だったかでこんなシーンがあった気もする「サクラ姫が小狼にコクろうとしたけどやっぱり今度ねとか言って梨みたいな果物もって行っちゃった場所」に行ってみた所、証拠物品のその果物があってファイは確信を得た模様。
ここは本当のクロウ国ではなくサクラ姫の記憶の中のクロウ国を魔術で実体化させているのではないか。
だからサクラ姫の知らない小狼の存在は丸ごとカットだし、記憶が不完全だから生き物もみんないない、けれどもサクラ姫と小狼しか知らない思い出を示すように果物があったと。
ゆえにそれならば羽根の封じられた記憶の本は、サクラ姫が不思議で仕方ないと思いまくりな場所にあるということで、それならってなことでやって来ました例の遺跡。
遺跡を再び目にした小狼が、あの時サクラ姫を襲ってきたやつらと黒鋼のお母さんを殺した奴らは共通してコウモリみたいな柄の手甲をしていたとやっと気づいてハッとしておりました。
当の黒鋼は神とやらのいた神殿でそいつらに襲われた時にさっさとその事実に気づいて、だからおまえら誰だと激しく反応していたわけか。
そんなことがあったから、黒鋼はこの旅を続けていけばいずれはそいつらの正体もわかるかもしれないと考えて、だから小狼が自分の過去を見ちゃったことは気にするなと。
正直ちょっと黒鋼に惚れるね。
小狼が藤隆父さんの教え・「優しい人の優しさは遠回し」を口にしたところなに言ってんだと黒様は照れていたがなー。
遺跡の中で小さな時計を見つけつつ、サクラ姫的には覚えていないそんなものをスルーして、サクラ姫が羽を出した場所へといけばやっぱりそこがサクラ姫的にすごく不思議で謎まくりな場所だったらしく。
危ないかもしれないから俺が羽根を取って来ますといつもどおり小狼が立候補した所、さっきの会話もあって黒鋼も自発的に一緒に羽根を捜しに行ってくれていた。
残されたサクラ姫が自分には何もできないとションボリすれば、モコナが小狼と黒鋼が戻ってくるのを待ってあげられるとナイスフォロー。
そんなのを見ていたファイが小狼と黒鋼、サクラちゃんはいい感じだし俺もとか何とか言っていたが最後はなーんちゃってでしめちゃう辺りがファイだな。
羽根を捜していた小狼と黒鋼は、記憶の本を守っている魔物に邪魔されたものの小狼が傷つけたくないとか甘っちょろいことを言ったもんだからべしっと吹っ飛ばされて悪小狼がほんのりやってきよりました。
今いるクロウ国(仮)は魔術で作られているものだから飛王と星火からは見えないけれども、小狼とどういう感じかは知らんが繋がっている小狼もどきはこうして手出しできちゃうらしい。
あっさりと本をゲットしたらそこで魔術が切れて元の世界に戻って無事サクラ姫に羽根が一個返却されました。
これで思い出したのがさっきの時計の思い出。
小狼とご飯を食べて、おいしい?と聞いたり時計が壊れちゃっているのに時間がわからなかったら少しでも長く一緒にいられるとかとかわいいことを言っておりました。
で、羽根をゲットしたんだからトンズラーと思いきや魔術で妨害されて時限移動失敗。
図書館の外に出ようにも帽子を溶かしちゃうようなスンゴイ酸みたいなので道が無くなっていて万事休すだったのだが、ファイが魔術で次元移動しても大丈夫なようにしてとりあえず移動成功。
ファイに、魔術は使わないんじゃなかったのかと黒鋼が聞いたところ、ちょっと系統が違うんだよね~と理由のようなそうでもないようなお答え。
でもって、最初に時限移動に失敗したからか、まだ同じ国の内部で大変だーという所で続く。
次回は知世姫の交換条件にドッキドキー。

|

« BLOOD+ Episode46 あした天気になあれ | Main | BLOOD+ Episode47 全ての血を越えて »

ツバサ・クロニクル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« BLOOD+ Episode46 あした天気になあれ | Main | BLOOD+ Episode47 全ての血を越えて »