« ツバサ・クロニクル 五つ目の誓い | Main | ツバサ・クロニクル ケロちゃんとモコナ »

BLOOD+ Episode48 摩天楼オペラ

ついに最終決戦ですなーって感じで国立劇場だっけ?に赤い盾デヴィッド班と岡村記者、それからジョエルがやってきておりました。
小夜は眠りの時期が近いと何話か前から出ていたように、もうかなりヤバげでうっかりするとばたっと倒れそうな眠気具合。
前回、そうした小夜の状態を知ったカイがハジを呼び出してタイマンで話しておりました。
小夜は本当に大丈夫なのかと聞けばハジは大丈夫だと言うし、小夜に戦わせたくないんだろうと聞けば小夜は戦いますと返す。
でもって一番ハジが聞かれたくない、言いたくないだろう小夜を死なせたくないんだろうというのに冷たくあなたに私の何がわかるというのです、と。
そりゃハジだって殺したいわけじゃないどころかまるで逆だろうけども、小夜本人から頼まれた上にそれがあなたの望みならが口癖みたいなもんなんだからやるしかないってところなんだから、カイの言葉はタイミング悪いというか何というか。


オペラ公演の後にディーヴァの歌があるという構成らしく、ディーヴァが車で到着したと劇場の外で見張っていたルイスとルルゥから連絡が入り、舞台に上がる前に殺るってことで小夜とハジが出動。小夜が、カイがハジと出て行ったのに、そっともらった鍵をカイのジャケットのポケットに入れていたのが切ない。さらに、デヴィッドが小夜を、ディーヴァを倒すための兵器だという以上に仲間だと言ってくれたのも切ない。
ディーヴァを見つけられたもののやっぱり眠そうな小夜では勝てそうにない上に、ディーヴァが舞台の上に小悪魔みたいな衣装を着けて現れて、早着替えだな!と思ったのだがそうではなくて戦っていたのはディーヴァに化けたアンシェル兄さんでしたーというオチ。
舞台袖でえらく派手に戦ってるもんだと、アンシェル兄さんが手のひらからエネルギー玉みたいなのを出して恥をボコるのに思った。
アンシェル兄さんは意外にも小夜がディーヴァを動物園で解き放っちゃったのは失敗だったってのに同意したりして、何でかと思えばそうしなければ自分がディーヴァを独占できていたからだとか。
そうして世界を知ったディーヴァが自分のあるべき場所を求めてどうのこうので、今は翼手だらけの世界になってディーヴァがどうするかを知りたいらしい。
知り尽くし研究し尽くすのが愛なんだとか。
元は人間だったアンシェル兄さんがそんなことを言うのに対し、元から翼手だった小夜が自分たちはこの世界に現れるべきでなかったと返す。皮肉なもんだ。
とにかく最初からわかってたけどやっぱり相容れないんでバトル続行。
その間にもディーヴァが歌い続けて、衛星アンテナ爆破には成功したのにアンシェル兄さんの計画は二段構えで軍用の衛星を使って生中継しよりました。
オペラハウスの中のみならず外でもすっかり翼手だらけですよ。
オペラハウスの中って言えば、ブレッドだっけ?あの国務長官似の人も翼手化しておりました。
同席していたヴァン・アルジャーノが殺られるかと思ったが、悪運が強いらしく彼は辛くも無事。つか、このことを知らされてなかったってことはディーヴァの歌で発症率が跳ね上がるということを聞かされてなかったってことで、ディーヴァの存在自体を知らんかったんだろうな。


カイとデヴィッド、ルイスとルルゥで中継車を破壊して衛星生中継は止められたものの結構手遅れな予感。
さらに、既に翼手化しちゃってた人々に取り囲まれて、デヴィッドは左肩をやられて結構ピンチですよ。デヴィッドは微妙に死亡フラグが立ってる気がしてならんし。
岡村記者は戦闘要員じゃないし、ジョエルを連れて早々に避難したんですかね。
中では小夜とディーヴァが直接対決。ハジとアンシェル兄さんがガチンコ対決なのだが、ハジがまた串刺しの予感がひしひししますな。
ただ一人この状況で傍観中のネイサンの正体も今回ほんのり明らかになってたな。
どうやら小夜とディーヴァの前の翼手の女王とかその前からとか、かなり長生きしてるシュヴァリエらしい。
なるほどだからディーヴァに対して、アンシェル兄さんだとかみたいな過剰な思い入れもないのか。


冒頭、また沖縄在住なカオリが出て来ていたが、ディーヴァの公演を見ていたりするもんだからもしや翼手になっちゃったりするのか?!とちょっとキョドったじゃないですか。
そいつは残酷だなとビビったがさすがに一話目から血が吹き出てたアニメだけどもその鬱展開は今のところは
なくて何より。

|

« ツバサ・クロニクル 五つ目の誓い | Main | ツバサ・クロニクル ケロちゃんとモコナ »

BLOOD+」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ツバサ・クロニクル 五つ目の誓い | Main | ツバサ・クロニクル ケロちゃんとモコナ »