« ツバサ・クロニクル 歪んだネガイ | Main | ツバサ・クロニクル 明日へのツバサ »

ツバサ・クロニクル 決意のナカマ

先週、カオスにボッコボコにされてしまった黒鋼とファイ。
小狼も炎を当ててやったかかと思いきや刀を使った身代わりの術で攻撃空振りしちゃったし、さらには炎を我が力になれとかって言ってカオスがさらに神セン的パワーアップしちゃってもうさらにボコボコ。
勝負はついたんでサクラ姫にもう一回一緒に旅をしようとお誘いするわけだがサクラ姫はみんながやられちゃったからって乗り換えるような子じゃないのでイヤと言うわけですよ。
断られると思ってなかったみたいな顔して軽くショックを受けたカオスが、嫌がるサクラ姫になにやら術でもかけて一緒にこのまま旅に出ちゃおうとしたところ、小狼のサクラ姫ー!という呼びかけに意思がないはずのサクラ姫が涙を流したのに旅立ち撤回。
旅立ち延期してサクラ姫を連れてお城へ帰っていきました。
その場に残されたのはボコられた男三人と、サクラ姫を止めようとしてカオスにぺしっとすっ飛ばされたモコナだけ。
意識のない三人の間をぴょこぴょこ飛びまわってたモコナは街まで助けを呼びに行って、この国に来るときに荷車にのせてくれた二人を呼んで来たらしい。
モコナといえば、カオスが羽根を出した途端にメキョメキョメキョメキョと今までの比じゃない感じで羽根に反応しまくっていたが、カオスの羽根は全てサクラ姫の羽根でできておりました。
ってーことはカオスはあのでかい鳥が正体なんですかね。
次元移動できるのも羽根の力だったりするんですかね。
そんなカオスは、小狼とサクラ姫の様子を見て、旅をするに当たって互いの信頼が大事だと思ったそうでサクラ姫のことを知ろうとしたいのだとか。
そもそも幼い頃の約束を、言い方は悪いが真に受けていたことといい、やたら一本気なお方だ。
サクラ姫のほうは羽根が失われていたからもあるけど忘れてたってのに。


国外れで傷ついた体を手当てしていた小狼たちは、当然サクラ姫を奪い返そうという話になるのだけども小狼だけはいまいち乗り気じゃなさげ。
実際はどうあれサクラ姫が進んでカオスについて行ったようにも見えたし、そもそもカオスが示したように強いことは確かだしってのが原因。
そうしてともすればこのまま身を引いちゃおうとかと考えそうだった小狼に、ファイがこれまで一緒に旅をしてきたのはサクラちゃんの記憶を取り戻すためだけじゃないよねと言い、羽根のことなんて忘れちゃって自分のしたいことをを優先してもいいんじゃないかと。
羽根を集めることを最優先するんなら強い護衛をつけてあげた方が確かにサクラ姫のためだろうけど、やっぱりサクラ姫と一緒にいたいってのもあるんだってことを大阪国だっけ、一番最初の国でサクラ姫が目を覚ましたシーンとか湖の底でミニチュアな街を見たシーンとかを思い出しつつ小狼が考えておりました。
同時にサクラ姫も城のテラスから夕焼けを見つつ会いたいなんて思っておりました。
そうして小狼がサクラ姫を迎えに行こうと決意するまでに、ファイは傷がすぐ治るよう魔法薬を作って、黒鋼は小狼が使っていた刀が折れてしまったから刀を貸してくれて出発準備完了したところで以下次週。
そういや今週のドッキドキーはモコナのチューだったが、刀を貸してくれた黒鋼とファイにそれぞれやっていた。小狼はサクラ姫を連れ帰ってくるまでお預け。
それから星火がこっそり偵察していたが、様子を一部始終見た飛王はカオスの正体に見当がついたご様子。

|

« ツバサ・クロニクル 歪んだネガイ | Main | ツバサ・クロニクル 明日へのツバサ »

ツバサ・クロニクル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ツバサ・クロニクル 歪んだネガイ | Main | ツバサ・クロニクル 明日へのツバサ »