« アリソンとリリア#11装甲車に向って撃て | Main | アリソンとリリア#12リリアーヌの長い一日 »

コードギアスR2#10神虎輝く刻

結婚式に乱入して天子をゼロがキープしたところから始まり。
藤堂の新ナイトメア・斬月(この感じだとブリーチの斬魄刀っぽいな)でシュナイゼルを抑えようとしたものの、スザクのナイトメアが到着しちゃってそっちに手を取られて確保失敗。でもシュナイゼルも結局マリアンヌ皇妃のことははっきりとは知らないような気がする。
それはともかく、結婚式会場にコンテナを持ち込んでそこにゼロと天子と神楽耶とカレンを収容してトンズラー。この辺までは上手くいってたんですよ。
逃亡手段のトレーラーでC.C.がなんかぬいぐるみ持ってたかと思えば相変わらずの協賛・ピザハットのマスコットかなんかか。玉城は相変わらずうざさ全開だな。こんなのを経済担当にしたらまた使い込むに決まってる。宴会太政大臣ワロス。
前回名前だけ出てきた斑鳩ってのは、ブリタニアのアヴァロン相当のフロートシステムだったのか。ナイトメアだってそうだけど、もう飛べないとそれだけで不利だもんな。
それに乗って移動しつつあらかじめ協力を取り付けてあったインド軍との合流を目指していたものの、緑川にクーデターを起こした罪を赦す代わりに天子を奪還させようとした大宦官の追手の中華連邦軍がキター。
緑川はゼロがどこに陣取りどういう作戦を想定しているかまで完璧に見透かして、補給が間に合わなくてカレンが捕虜になるし、水浸しにすることで灌漑の手抜き工事ゆえに足場が悪くなるしで今回は完全にゼロの負け。
それでも大宦官は売国が目的だから、ゼロを討ち取るまで緑川任せにはしないで、黒の騎士団が第八十八天子陵とやらに逃げ込んだところで改めてクーデターを起こした緑川を消すつもり。でもって代わりにシュナイゼルにゼロ討伐をしてもらっちゃうとかね。
R2の何話目だったかでシュナイゼル殿下がEUで戦闘していたのがあったけど、あの時にEUの半分を奪い取っちゃったんだろうか。
半分を得たってことはもう三大強国なんて言えないよな。EUは半減したんだし、中華連邦だってgdgdなありさま。ブリタニア一人勝ちってことで若本皇帝の提唱する強いものは正義説は当たってたってことですね。
さすがにブリタニアは中華連邦の天子陵だといえ丁重になんてしてくれないだろうし、やばいっすーというところで続く。でも最後にアッシュフォード学園で電話を受けてたルルーシュとかなんだそれ。そしてロロひさしぶり。

アヴァロン内でミレイが暇そうにしていたが、アーニャの画像フォルダが火を吹いてましたな。
学園祭の時の、ヴィレッタのきわどい水着とか懐かしいな。
ルルーシュと紙袋被って顔隠したC.C.とかもあったが、それでスザクが気付くかと思えば鈍感なのでスルー。というかあれでわからんとかねーよ。
しかしアーニャの画像フォルダ内に子供の頃のルルーシュ画像があるとかまたしても深まる謎。


神虎と書いてシンフーと読むみたいだが緑川の星刻と書いてシンクーと読むのにちょと被ってなくね?
今回は緑川が異様なハイスペックで圧倒していたが、文武に長けた人間は往々にして寿命が弱点になるもんだ。
中央突破作戦に対して包囲陣を敷こうとしたのとか、緑川のそういう設定とかに銀英伝の赤毛の人とかカイザーを思い出した。

|

« アリソンとリリア#11装甲車に向って撃て | Main | アリソンとリリア#12リリアーヌの長い一日 »

コードギアス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アリソンとリリア#11装甲車に向って撃て | Main | アリソンとリリア#12リリアーヌの長い一日 »