« ムネモシュネの娘たち#6そして王国の扉へと | Main | コードギアスR2#14ギアス狩り »

アリソンとリリア#15遭難!

前回ラーチカにやってきたリリアとトレイズ。
湖の上を遊覧飛行していたら、リリアがいきなり操縦を変わってもらえないかとかほざいて吹いた。それは無理wwwwwwと思っていたら飛行機の持ち主のマテオさんが超太っ腹にもオーケーするから余計に吹いた。いくらリリアが令嬢っぽくて自家飛行機で操縦を覚えていたと壮絶な勘違いしたからって、お客と操縦変わるとかねーよww
どうやって操縦変わるのかと思ったが、さすがに飛んでる最中に座席を変わるとかはないのか。三つ縦に並んだうち、真ん中に座ったリリアの席からも操縦できるのね。
そうしてえええええ?なこともあったけど無事に遊覧飛行も終わるかと思いきや、湖に着水している水上艇を発見し、その様子を見に行ったことで平和終了。
水上艇のパイロットは様子を見に近づいたマテオさんに銃を突き付けてきやがった。着ている制服が国軍のだとかなんとか。妙に貧困なところといい怪しい国ですよな。
トレイズが自分も銃を取り出しつつ、後部座席から一番前の運転席に横っとびするという超運動神経を発揮して逃げられたものの、リリアは無謀で困る。
マテオさんを助けなきゃ!とか言っても、逆に捕まるのがオチでしょうよ。
しかし、飛行機で離水したのもつかの間、二機の飛行機に追いかけられてあえなく撃墜。なんとか陸までたどり着けたものの、異様に馬鹿でっかい湖だったからラーチカの街から遠い彼方。遭難始まった。


イクスのフィーとベネディクトのバカップルと妹。
どうやらトレイズは20歳までに将来の相手を見つけないと、デゼル王国とやらのマティルダ姫のところにお婿に行くことになるらしい。イクスの王位を継ぐ必要はないけども、ロクシェの数少ない王族としてそういう義務はあるんだね。
でもフィーは15歳の時に申し込まれたそのお婿話に対して、イクスとしてはいい話だけどきちんとトレイズの意思も尊重して5年も猶予をくれるとかいいお母さんだな。つか、5年も待ってくれる相手の国のほうが寛大というべきか。男にとっての5年より、女にとっての5年のほうが婚期も逃しちゃわないか?と思ったが、王族の結婚はそんな結婚適齢期なんて二の次三の次ですかね。
そうしてリリアをゲットしないと後がないトレイズ。
森の中を歩いて行くうちに無人の小屋を見つけて、そこでぐうぐう眠っちゃいました。なんだね、ここは一緒に寝るのが王道だろうJK。
深夜に誰かがやってきてこれは……!と思ったが、その人はトレイズのずれてた上着をかけ直してくれたりしたいい人だった。
朝になって、小屋の持ち主も判明。導師様と呼ばれていた人らしい。
ええ―?ってことは悪い人に違いないと思ったが、ところが導師様はラーチカまで二人が帰れるように車を貸してくれたり、飛行機に乗れるよう紹介状を書いてくれたりと親切全開。
嫌でもしかし、これはきっとのちのち導師様が黒いところを見せた時のギャップのためですよねきっと。単なるいい人なんてはやらねーぞ。

|

« ムネモシュネの娘たち#6そして王国の扉へと | Main | コードギアスR2#14ギアス狩り »

アリソンとリリア」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ムネモシュネの娘たち#6そして王国の扉へと | Main | コードギアスR2#14ギアス狩り »