« 鋼の錬金術師#8第五研究所 | Main | 花咲ける青少年#8プロミス »

グインサーガ#8狼王との出会い

前回さっぱり出番がなかったイシュトヴァーンはモンゴール軍に潜入してたんですね。そりゃそうなんだが、待機中だからって抜け出して酒なんてかっくらってた青騎士を崖から突き落とすとかまさに外道。でもってどうするかと思いきや、マルスにグインの素性を知っているかもしれないとかと言いだして何やら話していたけどやっぱり嘘っぱちだよな。マルスはイシュトヴァーンを見て自分の息子に似ていると思ったらしい。何だ、さっそくモンゴール兵じゃないって正体バレしたのかと思った。マルスはイシュトヴァーンがセムの撃った(とは言いつつ自作自演くさい気もするが)矢を切り落としたりして、目端が利いて役立ちそうだからってマルスの親衛隊へご栄転。エルとか名乗っていたけどそんなやついないってことでバレたりしないのかと思ったが、崖から突き落とされた不幸な青騎士がエクって名前だからそれをもじってバレ防止にしてたのか。イシュトヴァーンの思惑通り、エル?エクの間違いだろうなと勝手に脳内変換されてたし。
そうしてモンゴールに潜入しているイシュトヴァーンから仕込み完了とやらのお手紙が届いておりました。
グインはセムには決定打がないことから、自分を信じて4日間持ちこたえろと言いだしおった。何をするかと思いきや、ラゴンとやらを探しに行くんだとか。ラゴンはその存在も伝説的なものだから見つかるともわからんけど、グインは失敗しないとよくわからん自信でもってお出かけてしていきました。リンダが「死の風に気をつけろ」とか言っていたけど、その死の風なのか砂嵐みたいなのに吹かれてグインが意識を失う瞬間、グイン、と名を呼ぶ女の声がしておりました。気がつけばどことも知れない幻想的な、クリスタルみたいな洞窟の中。どちらに行くかコインで選ぼうとかとグインは自分で言って、ふと自分がコインを持っているのに驚いたり、しかもそのコイン(今まで何度かグインが脳内で見てた例のあれ)の片面には自分の豹頭が刻まれていたりでイミフすぎる。誰かと問答するみたいになんか言っていたが、つまりグインを導く女が3人いるってことですか。その一人と思しいのを追いかけてその手をつかみ、顔を見たグインは世にも恐ろしいものを見たような絶叫で気を失うのでありました。
目を覚ましてみれば何だっけ、犬だか狼だかの頭みたいな岩の上におりました。狼に取り囲まれてグインピンチと思いきや、サブタイの狼王がなっがーーーーい遠吠えをして狼たちを追い払い、グインをどこかへ連れて行こうとするかのように歩き出したあとを追うのだけれど、ご飯にと鳥をくれたりと至れり尽くせり。塩の結晶の谷間についたところで狼王は役目終了とばかりにどこぞへと行ってしまうのでありました。
塩の結晶の中から何やら出てきたものの、今はまだ正体不明なものだからとりあえず懐にしまうとして、ラゴンの魂とはどこにあるんだと歩き出したグインは槍を突き付けられてやっぱりピンチってなところで続くー。おおこの寸止めはなかなかつらいな。

それにしても今回ナリスがちょろっと出てきていたが、クリスタルに戻るぞークリスタルに戻っちゃえば古代機械があるから何とかなるぞーってそれだけか。
あと、リンダが髪を泉で洗っていたけれど、アムネリスもマルスいわく兵士何人分かのお湯を贅沢に使って髪を洗っていたとか何という対比。でもああいう毛先しか洗わないやり方だと頭皮がかゆくなりそうだなぁとかどうでもいいことを考えた。

|

« 鋼の錬金術師#8第五研究所 | Main | 花咲ける青少年#8プロミス »

グインサーガ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鋼の錬金術師#8第五研究所 | Main | 花咲ける青少年#8プロミス »