« グインサーガ#11戦士たち | Main | 花咲ける青少年#12ヒトリ »

鋼の錬金術師#12全は一、一は全

ダブリスに到着してイズミ師匠が出てまいりました。師匠の血をドバーっと吐くのはもはやお約束とか一芸の部類だな。
いきなりエドをぼこっていたが、エドがぶっ壊したお家を直したのかが気になるwあの時点で練成陣なしに練成しただろうから最初っからモロばれなんじゃないのか。
イズミ師匠とシグさんと飯を食っていたが、アルのことはまだそういや言ってないのか。いくらなんでも鎧つけっぱとか不審だろうに。アルが食わないのを不審がられるのから話をそらすためにラッシュバレーでの出産のお手伝い体験を話していたがそれは師匠には地雷だからー!あと、賢者の石に詳しい錬金術師ってことで誰かと思えばホーエンハイムか。イズミ師匠は何話か前にセントラルの駅にいたし会ってても不思議でもないが。

その晩、イズミ師匠って変わらないよねーということで昔の師匠との出会いと修行体験思い出話。イズミ師匠がリゼンブールにたまたまやってきていた時に、大雨で川の堤防が切れそうなところを錬金術で直したのを見た兄弟が弟子入り志願したのが始まり。弟子は取らない主義だったけれど、もうトリシャさんが死んだ後だったからちょっとほだされるのもあって、無人島に一カ月放り込まれてサバイバルスタート。一カ月錬金術禁止で過ごして「全は一、一は全」の答えを見つけろと。最初のうちは飯もねー火もつけられねーとダメダメでウサギを捕まえても殺すのにビビっていたけど、腹減りが極限に達したエドはありんこを食べて開眼したのでありました。錬金術って食物連鎖に似てるよねーと。そんなこんなですっかりたくましく30日間生き延びて、全は世界!一は俺!ってことで修業合格。イイハナシダナー。

翌朝、イズミ師匠は少しの立ち会いでさっくりとエドとアルが人体練成をやらかしてしまったのを見透かして、それで自分のことも教えてくれたのでありました。イズミ師匠は子供を生きて産むことができなくて、そのために人体練成をやっちゃったんだけど腹の中身を真理さんに持っていかれて、それで手パンで練成できるという話なわけだ。もっと早くにこの人体練成の代償の話をするべきだったと悔やむイズミ師匠にエドもアルも強がるものの、師匠の包容力はでっかかったのでありましたとさ。


来週はそろそろグリードさんが出てくるのかね?

|

« グインサーガ#11戦士たち | Main | 花咲ける青少年#12ヒトリ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グインサーガ#11戦士たち | Main | 花咲ける青少年#12ヒトリ »