« 花咲ける青少年#18オポジション | Main | 鋼の錬金術師#21愚者の前進 »

グインサーガ#21クリスタルの反乱

ちょっと久しぶりのナリスのターン!
ついに1話目以来モンゴールに占拠されっぱなしだったクリスタルが解放されるわけですが、どこぞへ暴動を鎮圧しに出かけていたカースロン隊長が無様すぎて泣けた。なんか変な野菜投げつけられて、それで馬が暴れて落馬するとかどんだけ情けないんだ……。そのまま気が荒い民衆の皆さんに暴行されるのかとビクビクしたわ。それを助けてくれたのはリギアで、ナリスの指令でクリスタルパレスの特定の門を固めて逃げようとするタイラン長官を抑えろと。
その後リギアはさらに学生とか民衆を扇動しておりました。つーかこの学生どもなんぞ。地味に中の人に有名どころってことはぽっと出の使い捨てじゃないのか。リギアが演説してるところに後からのこのこ出てきて、民衆の皆さんちょっと引いてなかった?

クリスタル防衛中の黒騎士隊の皆さんが、自分らの10倍の数の民衆が暴動を起こしたとかビビっていたし、リギアが策を授けたという油樽作戦でこれはいけるんじゃね?と思ったのもつかの間、やっぱり腐っても黒騎士なので民衆殲滅でしたーオチかと思った。そこへ颯爽と来たのははいはいナリス様ナリス様。かっけーなぁ、タイミング見計らいすぎだろってくらいだ。そのままナリス様は黒騎士をせん滅するのでありました。たぶん。

一方ナリスの指示でタイランを確保しようとしていたカースロン隊長。ところがあんまりカースロン隊長が的確なことを言いすぎるもんだから、ナリスが後ろ盾か!と見抜かれて一人反乱失敗。タイラン長官に逆にやられてしまうのでありました。かわいそうすぎるぜ……。
タイラン長官がクリスタルから落ち延びていったことで、指揮官のいなくなったモンゴール軍に投降を呼びかけつつ反乱成功。やったねナリス様。リギアに学生どもを呼びに行かせていたけども、クリスタルは科学と魔法か、どっちかってーと魔法の方が幅を利かせている気もするが。リギアが、ナリスが誰かを気にいると気を悪くするってのはわかるわー。アムネリスの時もそうだったよな。けれどもそんなリギアもカースロンの亡骸が見つかったってのにはさすがにないていた。ちょっと意外だったわ。でも、「妻になる気はなかった」であれっ?と思ったwwwwwカースロンはめちゃくちゃその気だったのにwwww
ナリスにとってはカースロンは所詮利用するだけの駒だったのか。ナリス様ひどいなぁ。


さて一方レムス。カウロンとやらに手間取ってまだパロに向かうどころじゃありませんでしたー。これまた地理関係がさっぱりわからんから、へー手間取ってるんだーくらいにしかわからんわ。で、そうして膠着しちゃってる間にナリスがクリスタル開放しちゃうんだから泣けるな。つーか苛立つよね。前回の会議で沿海州6国がモンゴールに海軍を出してくれるとかどうでもいい霞んだ情報になっちゃってるな。
そんなレムスを見ていて、リンダがレムスを心配しつつも相変わらず自分の言うこと聞かないからって理由も付け加えるから困ったもんだ。いい加減レムスも一応即位(仮)したんだから言うこと聞かないなんて言っちゃいかんよ。ノー公私混同。
グインは見守ってやれとある意味いつものグイン節。そこへ暗殺者が今度は二人がかりでキター。一人だと無理だったから人数増やすってのは理にかなってるよね!

|

« 花咲ける青少年#18オポジション | Main | 鋼の錬金術師#21愚者の前進 »

グインサーガ」カテゴリの記事

Comments

補足に来ました。
たぶんずっと一話一冊が続くと思います。
リギアはナリスとは姉弟のように育ち、ナリスに絶対の忠誠を誓っています。
ナリスが幸せになるか、ナリスが死ぬまで結婚はしないと決めています。
でもリギアは恋多き女で、身分とかあんまり気にせず、いろんな人と恋人になり、いずれスカールが妻をイシュトに殺された後に、ナリスが死んだらお側に行きますと結婚を約束します。
学生の中で中心人物だったカラヴィアのランですが、彼はその後ナリスの古代機械研究のグループのリーダー格になり、ナリスの反乱でも強い味方になります。
カウロスは草原の国で、アルゴスに近い国です。
それでアルゴスとは敵対しています。
モンゴールに手を貸してるんじゃなかったでしょうか。
将としては、ナリスよりグインの方が上なので、今レムスといっしょにいるのに助言しない状態と言うのは変だと思いますが、もともといないはずの人物が助言などできるはずもないので仕方ないでしょう。
グインは戦士としても一流以上ですが、将軍、または国王としても偉大な実力を持っています。
ナリスは頭はよすぎるほどですが、中身が子供なので、人の気持ちがわかりません。
人を駒の様に使うのを遊びだと思っています。
ナリスは死ぬまで子供でした。
でもナリスが人間になったのは、リンダに恋をしていると自覚したときだと思われます。
それまでは天上の月(イリス)のような人でしたから。
母親からも父親からも必要とされず、病弱な子供時代を送ったせいかもしれません。
ナリスはノスフェラスに憧れていました。
グインとあえたときは、本当に喜んで、その顔に触っていいかと頼んでいました。
良くも悪くも子供のまま生きて、死んだ人です。
二期を作るとしたらケイロニア中心でしょうが、長い話になりますからどうでしょうね。
また長々と失礼しました。

Posted by: 史恵 | August 25, 2009 at 06:03 PM

一話一冊進行なんですか。クリスタルの反乱とか、確かに一冊使ってじっくり書きそうな展開だから納得だけども、だとするとアニメだと相変わらずバッサリ削られてるんですかね。

なんだかリギアのキャラがよくわからなかったけど、ナリスへの忠誠とは別枠で恋多き女ってキャラだったんですね。カースロンへのこととか完全に任務だとばかり思ってたんで同情だとしても泣いたのはなかなか意外でした。というかこれから今度はスカールとそういうことになるとは。
学生の人はやっぱりこれからも出てくるキャラなんですね。声優的な意味でもそういう扱いってことは二期も一応考えられてはいたりしなくもないんですかね。

原作だとずっとずっと後のことになるんだろうけれど、グインと会って顔に触れたがるナリスちょっとかわいいです。下手すると今回のアニメ化でそのシーンがありえそうで怖いけども、どうなんですかね。
アニメだけ見てるとよくわからずじまいなことも多いので、補足ありがとうございました。

Posted by: 管理人 | August 28, 2009 at 11:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 花咲ける青少年#18オポジション | Main | 鋼の錬金術師#21愚者の前進 »