« 花咲ける青少年#19おさえられない気持ち | Main | 鋼の錬金術師#22遠くの背中 »

グインサーガ#22復讐の女神

どっからどう見てもアムネリスのためにあるサブタイとしか思えない。


モンゴールに戻っていたアムネリスはミアイルのお墓参りをしておりました。ヴラド大公の一番のお気に入りでいたかったからミアイルが生まれても剣を取り男の恰好をしていたんだとか。てっきりそうするのが好きだからとかもっとストレートな理由かとばかり。
そんなところへヴラド大公もやってきて、クリスタルから戻ってきたばかりのアムネリスに世継ぎのために嫁に行って男を産めと言いだしおった。まあ必要なことだけどさーさすがに急すぎるんじゃないのと思うんだ。と思ったが、どうも大公は体の調子が悪いから早く世継ぎを見たいということらしい。それは仕方ないね。でもアムネリスがだが断るしても、それはそれで仕方ない。
さらにそこへ、伝令がやってきてクリスタルの陥落とそれを指揮するのがナリスだとやっとようやくアムネリスも知るわけですよ。いきなり画面がパステル調と言おうか、タッチが変わって何事かと思った。それだけアムネリスもショックだったってことか。そりゃそうだ。涙を流しはしてもそこはアムネリス様、すぐに復讐に意欲を燃やすわけですよ。部屋に戻って長かった髪を自分の中の女を無くすために切るとは。失恋して断髪ってのはありがちだがそこに復讐が入るのがアムネリスクオリティ。しかしナリスの手酷い裏切り方もあるにはあるにせよ、先にパロに攻め入ったのはモンゴールだってのに勝手なもんだ。殴ったら殴り返された、そういう状況なのにな。大公に直訴してパロ奪還を任されたのでありましたとさ。


どこぞの街道で山脈越えに成功したスカールとベック公ご一行をイシュトヴァーンが見ていたから、これはあれか!と思いきや普通にスルー。あれ?いいの?いやよくなくても困るんだが。スカールの話を聞いてクリスタルに情報に売りに行って、さらにイシュトヴァーンのことを占いかなんかで漠然とではあっても察知していたナリスに逆にご招待されるとか何と言うトントン出世。しかしナリスもどうしてイシュトヴァーンが占いの人なんだってわかったんだ。旅の人だから?ともあれ、偶然ナリスに会えたイシュトヴァーンはアグラーヤで手に入れたモンゴール密書とスカールの動向をナリスに伝えて就職成功。リギアとナリスの脇に並び立っていたけど、リギア的にはこのぽっと出の新参者はどうなんだ。イシュトヴァーンが来る前にリギアとナリスも複雑そうな、特にナリスの方がめんどくさそうな感じだったが。
先週カースロン隊長から逃げ伸びたタイラン長官、今回クリスタルにまた攻め入ろうとしたもののさっくりパロの魔導士部隊にやられておりました。あれ?魔導士無敵じゃね?グインサーガ一話目でパロが陥落したのって単に不意打ちされたから?何気にヴァレリウスがナリスに名前を知られるくらいに接近してんですね。ナリスの偽装死亡の時は女装を見抜けなかったのになw
モンゴールの援軍の前にスカールが立ちふさがって、スカールの放った「跳ね返り公女」発言にまだグインからそう言われたのを引きずってるアムネリス様かわいい。しかしベック公が投げた槍が乗馬の足元に刺さって、それで落馬しちゃうとかアムネリス様無様。この人いない方がいいんじゃね?なんか役に立ってなくね?


でもってグインは、今回冒頭に追手の暗殺者二人をさっくり倒しておりました。一対二はさすがにきついなぁと思いそうになったが、どうやら二人のようで実は一人だったとかなんとか。でっかい方を一刀両断するなんてグインすげーというんじゃなかったのか。でもそれならどうやって首しめされたんだ。さっぱりわからん。

|

« 花咲ける青少年#19おさえられない気持ち | Main | 鋼の錬金術師#22遠くの背中 »

グインサーガ」カテゴリの記事

Comments

また補足に来ました。
「紅の密使」「クリスタルの反乱」「復讐の女神」と続いた一話一作もこれで終わりのようです。
多分原作の「パロへの帰還」で終了するんだろうから、残り2冊になっちゃいましたしね。
アムネリスは本来女そのものというタイプです。
情に厚く嫉妬深いです。つくすタイプでもあります。
今日出てきた侍女のフロリーですが、イシュトに惚れて、またあの男が気まぐれに抱いてから、駆け落ちの約束をしますが、すっぽかされて、ひとりで出奔、のちにイシュトの子供を産んで、そのこにイシュトヴァーンと名前をつけます。
2歳だか3歳になったそのことフロリーに、マリウスとまた記憶を失ったケイロニア王グインが出会って、いっしょにパロまで旅をして、
記憶が戻った替わりに、記憶喪失の間のことを忘れたグインにひっそりと別れを告げて、ミロク教の聖地ヤガに親子で旅立ってその後栗本さんがお亡くなりになったので行方不明です。
アムネリスが自殺したときに、イシュトがモンゴールを裏切ったことよりも、フロリーとのことが許せなかったと言っておりました。
モンゴールはブラド大公が一代で築いた国で、妻も靴屋の娘で洗濯女でした。
美しい以外は何のとりえもなかった田舎娘に姉も弟も似たのだなと、ブラド大公はアムネリスのことでがっかりしてました。
ナリスのことでアムネリスが情熱的に泣き暮らしていたシーンもカットですね。
この回もカットされまくりです。
ナリスがイシュトのことをわかったのは、魔道の星読みのせいです。
イシュトは、はっきりとした赤い星を生まれつき持ってますから、大事な何かを持ってるってことも魔道でわかります。
直接会ったのは好奇心でしょう。
アニメではナリスをリンダの許婚だと思ってますが、原作ではこの時点では知りません。
イシュトは短い間にナリスを崇拝するようになりますし、ナリスもイシュトを身内のように可愛がりますが、ナリスがリンダを花嫁にしようと思っていることを知って、自分では張り合えないと勝手に思い込んで逃げ出します。
ナリスはだいぶショックを受けますが、平気な振りをしていました。
ヴァレリウスは、パロの重臣リーナスの子飼いの魔道師で、リーナスの従者みたいに育ちましたし、数少ない上級魔道師ですから、ナリスも名前だけなら昔から知っていました。
リーナスは少しおばかさんですが、それをフォローするヴァレリウスをナリスはすごく興味を持っています。
パロの魔道師は、白魔道師なので、集団になればそこそこ強いですが、ひとりひとりはたいした力は持っていません。
ヴァレリウスは、のちに魔道師でありながらパロの宰相になる人材なので優秀です。
もっともナリスに騙されて宰相になるんですけど。
ナリスが宰相を退き、替わりにリーナスを推薦する約束だったのを、ヴァレリウスを推薦しました。
ヴァレリウスはこれから少しのちにリギアに恋をするのですが、リギアも少しぐらい付き合ってあげてもいいかという雰囲気になりますが、ナリスの陰謀で殺されも仕方がないくらいにリギアの信頼を裏切ります。
それで一時ヴァレリウスはナリスをドール(悪魔王)の化身のようだと思うのですが、そのうちナリスが純粋すぎる子供に見えちゃって魂の半身となります。
ヴァレリウスは、ケイロニアにリーナスのお目付け役で行くので、まだ将軍になる前の傭兵のグインに会って、面白い奴だと思われます。
ヴァレリウスはけっこう色んなところで相手に気に入られています。
ナリスが死んでから、すぐ後を追うつもりでしたが、混乱したパロをリンダだけに任せるわけにはいかないと、嫌々宰相を続けています。
そのうち前向きになって、ナリスのやりたかったことをやってみようと、魔道師としての修行にも出たいと思ってます。
一魔道師で、世界三大魔道師のうちふたりにも会ったのはヴァレリウスぐらいじゃないでしょうか。
グインはいずれその3人に会う予定でしたが、闇の司祭グラチウスと見者ロドカンドロスにあっただけで、栗本さんがお亡くなりになってしまったので、どうなるのかは不明です。
また長々と失礼しました。

Posted by: 亜積史恵 | August 31, 2009 at 08:57 PM

アムネリスは最初出て来た時は凛々しいなぁと思ってたんだけど、ナリスに惚れて以来女々しさでダメになったのかと思っておりました。
フロリーはずっとずーっとアムネリスの傍にいる侍女の人ですよな。クリスタルにいたころはもう一人いたのにいつの間にかフロリーだけになったと思っていたら、まさか後々そんな重要ポジションになる人だったとは。というかイシュトヴァーンはつまみ食いまでしちゃうのか……つくづくダメな男なんですね。

イシュトヴァーンとナリスはこんな形で出会うもんなんですね。リンダの婚約者がナリスだってのでイシュトが逃げ出しちゃうのは、あれだけ才色兼備(でも性格に難あり)な相手なんだから張りあう方が無理ですよな。

ヴァレリウスは、クリスタルでアストリアスを捕まえて出て来た時にいたのがリーナスだったんですね。あの頃は名前とか適当に流していたんであとから名前を言われると誰だっけ?となって困るからなるほど。
ヴァレリウスまでリギアと浮いた話になるとは、リギアもいたるところでモテモテなんですね。

今回も補足、ありがとうございました。

Posted by: 管理人 | September 01, 2009 at 11:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 花咲ける青少年#19おさえられない気持ち | Main | 鋼の錬金術師#22遠くの背中 »