« 鋼の錬金術師#22遠くの背中 | Main | グインサーガ#23如何なる星の下に »

花咲ける青少年#20ターニングポイント

ハリーが会いに来たよの巻。


ラギネイで子安に会ったとルマティに伝えてもルマティはちょっと成長したので取り乱したりすることなく冷静でありました。本当に成長したもんだ。ルマティが花鹿に聖布の誓いを拒否してくれと言いだしたけど、聖布の誓いってなんだったっけ?上海だったか香港だったかにいたころに無邪気にそんなことをしていた気もするけれど随分昔のことだから忘れちゃったい。花鹿との誓いが重いと、背負えないと弱音をルマティが吐くものの、花鹿はお互いにもっと愛する相手ができるまでは誓いは有効だと言うのでありました。花鹿がナジェイラとケンカしています状態だと知ったルマティが驚愕したのには笑った。やっぱりナジェイラはそういうキャラか。蛇とはまたぴったりな表現だ。ソマンド殿下はよくわからんけどイズマルはナジェイラの神託に全服従でしたよな。ルマティは、たかが巫女よりも王の方が神に近いのだからと神託なにそれとさっくり一蹴しておりました。そういうルマティを花鹿は高飛車だと評するけれど、ルマティ的には誇り高いと言って欲しいものらしい。自分にはこの体と誇りしかないのだからと。ルマティが成長しすぎてて感動さえするね。こうまでルマティが成長したのも教育係を自任する立人のおかげだな。
立人が花鹿を呼びに使いをよこして、一人そこに残って夕陽を眺めていたルマティの前にハリーがやってきました。何気にハリーとルマティは初対面だったのか。庭師か?とか言われてたのにはちょっと笑った。ハリーは何事も終焉なくして始まるものもないのだから夕日が美しいのだと語って、ラギネイも事によっては終焉を免れると、ルマティに王になれと言うのでありました。それがまるでルマティの目には亡き父に見えたらしい。まあハリーとルマティ父は異母兄弟になるのかな?そういうふうに見えるものかも知れんね。
ハリーとの出会いはそうして結構衝撃的だったからか、ルマティは父(みたいな男)に会ったと言って花鹿と寅之助を頭大丈夫?的な意味で心配させるのでありました。でも立人はともかく花鹿まですぐにハリーだと冊子をつけたのはちょっと意外だ。ここで、花鹿は立人にハリーと最初に勝負している夫探しの3人の候補がルマティとユージィン、カールじゃないかと伝えて立人に自覚させてその気にさせるのか。兄ぶってると一番傍にいられるけど本当に一番にはなれんのよね。立人の苦悩も今までおいしいポジションだったんだから仕方ないわな。

ハリーは続けてユージィンに会いに行った模様。ユージィンは行きつけのレストランにいたところ、同じ大学の同じ講義を受けているとかいう女二人に逆ナンパされそうになったものの、いつものごとく昔のひどい女遍歴を暴露してさっくり撃退しておりました。普通の女はちょっと顔がいいとかい絵柄がいいだけだと、何人も自殺に追い込んでるとか何股当たり前だとかは引くよね。そういう光景を隣の席から背中合わせに聞いてたハリーも悪趣味だなぁと思ったが、女どもに逆ナンパされたから声をかけそびれたとかそんななのか。ユージィンはハリーのことを一目でミスターバーンズワースと気づいたけども、面識があるの?社交的に常識なの?公園の屋台のホットドッグをユージィンは食べてくれません。一流のものしか食わんというポリシーらしい。だから、世界中からそうした一流がなくなったらさっくり餓死を選ぶんだとか。なんというお貴族。ルマティにも聞いてたけどユージィンは花鹿を愛しているかと問われて熱烈というかなんと言おうと、それは愛とはなんだかちがう的な感じのことを言っておりました。良くも悪くもユージィンは普通じゃないね。
でもって三人目のカールはローゼンタールが経営しているスポーツクラブかなんかで運動に勤しんでいたけど、高校の同級生にインサイダー取引を強要されそうになって昔の関係を暴露すると脅されるとか、あれ?結構爛れた関係だったのか。姉が3人もアレだから女嫌いは当然としてもそこで男に行くもんなの?それとも誘われただけ?さすがに唐突過ぎてびっくりした。しかしてカールは脅しなど鼻で笑って、スキャンダルを暴露されても屁でもないと一蹴しておりました。やっぱりここで脅しに屈するようじゃ小物だもんな。そんなところでハリー登場してカールもびっくり。そりゃそうだよな。カールの同級生くんはさっくり追い払って、老ネルソンはもう企業家的に敵じゃないと、ローゼンタールを支えているのはカールだと言った上でいつもの花鹿が好きか?の質問キター。ルマティに負けず劣らず赤面してくれるカールかわいいのう。


カールを動揺させてから車に乗って社に帰ろうとしたところで、居所を突き止めた花鹿がやってきておりました。花鹿は夫候補(仮)の三人を好きではあっても、どう見てもこれは友達としての好きどまり。そんな花鹿にハリーが花鹿母のキティの話をしてくれました。キティはハリーのボディガードとしてやってきた警官だったんだとか。キティに会うまではハリーは女と付き合うのは一種の契約だと考えるような淡泊な人で、でもふと気づいたらキティに惚れていたんだとか。

|

« 鋼の錬金術師#22遠くの背中 | Main | グインサーガ#23如何なる星の下に »

花咲ける青少年」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鋼の錬金術師#22遠くの背中 | Main | グインサーガ#23如何なる星の下に »