« グインサーガ#23如何なる星の下に | Main | 花咲ける青少年#21忘れえぬ日 »

鋼の錬金術師#23戦場の少女

引き続きスカーと戦うの巻。
ウィンリィを憲兵に保護してもらうために残ったエドを置いて、アルが一足先にスカーと戦っていたけども、魂だけの存在として鎧に定着して不安定なのを憐れむのも他人事としてわかるし、アルが言ったように憐れみなんて不要だってのもわかるな。しかし今回の給水塔から水をぷしゅーっと出させてたみたいに、アルは水にぬれて血印が流れおちたりしないのかと気になる。水の中に入ったとかならともかく、ちょっと濡れたくらいなら大丈夫な構造の鎧なの?エドが遅れて合流して来て二人がかりでスカーをやるぜ!というところでグラトニーがやってまいりました。
グラトニーは大総統と一緒にリンとランファンを襲っていたんだけども、ランファンを手負いにさせて戦力を削いだことで、グラトニーはスカーの方に回したんですね。
グラトニーは最初からスカー狙いなのでさすがにスカーといえども多勢に無勢でやばかったのだけれど、そこへさらにやってきたリンがグラトニーに爆裂弾とでも言うのかね、そんなものを飲ませてグロく体内爆破させてからホムンクルス特有の超回復で再生しちゃう前にワイヤーでがんじがらめにして捕獲成功。エドにワイヤーを要求するのが首辺りまで再生して体から遅くね?とちょっと思った。
憲兵たちが駆けつけちゃう前に迎えに来た変装中のホークアイ中尉とリンとグラトニーを乗っけて行っちゃったけど、無関係を装う必要もあるしスカーときちんと決着つけようとしたら今度はメイチャンキター。アニメだとメイチャンは久しぶり……だっけ?遠隔発動できる錬金術で列車を爆破させて、その爆煙にまぎれて逃げていたけども普通に無理じゃね?という気はする。

グラトニーを連れて隠れ家へ向かう途中に、使い物にならない腕を斬り落として囮にすることで大総統から逃げ伸びたランファンを迎えに行こうとしたら、まさにそこを大総統に目撃されるとか上手くいかないもんですね。完全犯罪なんて無理ってことか。
エドアルは保護されていたウィンリィを迎えに行ったところ、なぜかウィンリィと一緒に大総統がいるのでありました。ウィンリィにロックベル夫妻の最後を話してホテルに送っていったら、ちょうどガーフィールさんから電話が来てみんながウィンリィを待っていると。それでウィンリィも長いセントラル滞在から帰ることになるのだけれど、エドの言ったセリフがくせーくせー。言いセリフだけどアニメで見るとギップリャ。
駅から出たら大佐が車で来ておりまして、ランファンの治療のためにノックス先生を連れて隠れ家へと向かったのだけれど、なんかこうして聞いてみるとノックス先生ちょっと棒じゃね?気のせい?
隠れ家で初めて一堂に会したエドとリンと大佐が情報共有して、大総統はホムンクルス疑惑だとかが湧いたり、グラトニーから奪った賢者の石をどうするかで揉めたところで「マスタング」という名前を聞いたグラトニーがラスト死亡の怒りパワーで腹口キター。きちんと車が食べられるのもやってるんだな、芸が細かい。

|

« グインサーガ#23如何なる星の下に | Main | 花咲ける青少年#21忘れえぬ日 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グインサーガ#23如何なる星の下に | Main | 花咲ける青少年#21忘れえぬ日 »