« グインサーガ#24モンゴール最後の日 | Main | 花咲ける青少年#22リポーズ »

鋼の錬金術師#24腹の中

ドクターマルコーの拉致の経緯をやっていたが、ブレダ少尉に化けましたってのはやらんのですか。しかもラストに聞いたとかってエンヴィーが他人事みたいに言っていたが、ブレダ少尉に化けたネタがないからドクターマルコー拉致に行ってないってこと?さらにここでドクターマルコーの話を入れる意味がいまいちわからん。これがあるせいでエンヴィー大忙しになるじゃないか。ラストの仇の大佐を前にして発狂モードになったグラトニーを止めに行くっていう任務があるのに。

大佐を目の前にして怒り狂ったグラトニーから一般人と負傷者の皆さんを逃がして、エドアルとリンが残ってグラトニーと戦って情報を得よう!とかしていたけどやっぱりあれは無理ですよねー。そこへやってきたのが多忙なエンヴィーなんだけども、そういやエドの豆ネタ久しぶりだな。第五研究所とかすっかり遠い昔だ。
リン対エンヴィー、エドアルとグラトニーと二手に分かれて戦っていたものの、うっかりリンの方になだれ込んだエドアルと場が混乱した隙にグラトニーにリンを食わせようとして一緒にエドとエンヴィーまで飲まれちゃいましたー。エンヴィーの残ってた下半身がさらさらーっと消えたのは賢者の石の無いパーツだからなのかね。

一方ノックス先生とその場から逃げた大佐は軍本部に戻って大総統がホムンクルス疑惑を元に上層部に揺さぶりをかけて見ようとしたら、実は軍上層部は真っ黒でしたーという絶対絶命の窮地。虎穴に入らずんばなんちゃらだけど勇み足ってのもあるしな。

それにしてもプライドの声、エコーがかかっていたけどエンヴィーの中の人と二役やってんの?って感じに聞こえた。別人のはずなんだが。

|

« グインサーガ#24モンゴール最後の日 | Main | 花咲ける青少年#22リポーズ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グインサーガ#24モンゴール最後の日 | Main | 花咲ける青少年#22リポーズ »